「マクラーレン」の量産ハイブリッド・モデル登場! 「0~100km/h」を3秒で駆け抜ける「アルトゥーラ」の全容 (2/2ページ)

V8エンジンに比べて50kgも軽量になった

 マクラーレンのロードカーが代々追求してきた軽量化について、アルトゥーラの状況に関しても紹介しておきましょう。そもそも、カーボンファイバーを成形したモノコックをベースとして、新たに開発されたMCLA自体で軽量化が実現されています。ミッドシップに搭載される3リッターエンジンは、アルミ製で重量も僅か160kgに抑えられていますが、これは同社のV8エンジンに比べて50kgも軽量に仕上がっています。

【関連記事】「日本一速い男」が激白! 「ホシノインパル」の誕生と苦境からの逆転劇

マクラーレン・アルトゥーラのリア周り画像はこちら

 またV6レイアウトを採用したために、V8に比べるとサイズ的に随分コンパクトに仕上がっていますが、ドライサンプ仕様としたことでエンジンの高さが抑えられ、パッケージの面でも低重心化に大いに効果がありました。そして軽量化は電気系統で使われる配線の重量(10%の削減に成功)にまで及び、ハイブリッドコンポーネントの総重量もわずか130kg。マクラーレン・アルトゥーラの走行シーン画像はこちら

 車両本体の重量も1.4tを切るレベルで、ハイブリッド・パワートレインを搭載していないコンベンショナルなスーパーカーと同程度に抑えらえれています。3リッターのハイブリッド・パワートレインを搭載したスーパースポーツであることを考えるなら、この車重は圧倒的です。マクラーレン・アルトゥーラのサイドビュー画像はこちら

 そしてその結果、パワーウェイトレシオは約2kg/PSとなり、0~400m加速が10.7秒、0~100km/h加速が僅かに3秒、そして最高速は電子制御で制限されていながら330km/hを実現しています。

日本円に換算すると約2739万円!

 気になる価格ですが、英国では18万5500ポンドから。日本円に換算すると約2739万円。実際に買うことができるかどうかは別にして、技術的な内容とパフォーマンスを考えるなら、リーズナブルな価格設定だということは間違いないでしょう。マクラーレン・アルトゥーラのエンブレム画像はこちら

 ちなみに、マクラーレンにとって最初のロードゴーイングカーは、F1コンストラクターとしてまだまだ黎明期だった60年代に計画されたマクラーレンM6GTでした。チーム(コンストラクター)を創設したブルース・マクラーレンの夢の一つが、彼の名を冠したロードゴーイングカーを完成させることだったのです。末裔の活躍を天国から見つめているブルースに、アルトゥーラはどのように映っているのでしょうか?四国自動車博物館に展示されているマクラーレンM6GT画像はこちら

画像ギャラリー