クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • まさに「絶世の美女」! ジャガーEタイプは何故「世界でもっとも美しいスポーツカー」と称賛されるのか
CLASSIC
share:

まさに「絶世の美女」! ジャガーEタイプは何故「世界でもっとも美しいスポーツカー」と称賛されるのか

投稿日:

TEXT: 原田 了(HARADA Ryo)  PHOTO: 原田了,JAGUAR

速さがにじむ流麗ボディだからこそ美しい

 ロングノーズ&ショートデッキのシルエットが、世界で最も美しいスポーツカーと高い評価を受けてきたジャガーEタイプ。1961年の誕生から今年でちょうど60年ということもあり各地で記念イベントが開催されています。先ごろ行われたオートモビルカウンシル2021でも「ジャガーEタイプ誕生60周年セレブレーション」と題して1963年型Eタイプ・ロードスターS1 3.8。1962年型Eタイプ・レーシング・モディファイド・クーペ。Eタイプの先祖にあたるXK120の、1952年型のロードスターと1953年型のフィクスドヘッド・クーペ。そして兄弟ブランドであるデイムラーからは1972年型のダブルシックス・サルーンのシリーズ1ロングホイールベース、と計5台が展示されていました。今回は、ジャガーEタイプの来し方行く末について紹介することにしましょう。62年型Eタイプ・レーシング・モディファイド・クーペ

ル・マン優勝の血統で「Eタイプ」誕生

 最初に触れたようにジャガーEタイプが誕生したのは1961年の春。ジュネーブショーでお披露目されています。当時ジャガーのモデルラインアップとしては、スポーツカーのXKシリーズとサルーンのMkシリーズ、そしてレーシングスポーツのDタイプがありました。もう少し詳しく言うとXKシリーズでは1957年にデビューしたXK150。Mkシリーズでは1958年にデビューしたMk Ⅸが最新モデルとして販売されていました。ジャガーXK150

そしてXK150の後継モデルとして開発されたのがEタイプでした。それではなぜXK、例えばXK160を名乗らなかったのでしょうか?

 そこにはジャガーの創設者であるサー・ウィリアム・ライオンズの営業戦略があったのです。それはレースで好成績を挙げていたCタイプやDタイプのイメージに重ねようとしたものだったのです。1951年にル・マン24H勝者となるジャガーCタイプ

 ちなみにCタイプは1951年と53年のル・マン24時間を制していたし、Dタイプも1955〜57年にル・マン3連覇を果たしていて、特に57年は1~4位独占という強さを見せつけていました。ジャガーDタイプ 1957年ル・マン優勝車 そしてDタイプにはXKSSと呼ばれるロードゴーイング版も用意されていましたから、Eタイプはまさにスポーツイメージの高いネーミングだったのです。ジャガーDタイプのXKSS Eタイプのメカニズムについても紹介しておきましょう。フレームはスチールパネルをプレスして成型したモノコックとチューブで組んだスペースフレームを組み合わせたもので、長いノーズ部分には長年にわたってジャガーの基幹エンジンとなっていた直6ツインカムのXKエンジンをマウント。当初は3.8L版が使用されていましたが3年後には4.2L版にコンバートされることになりました。ちなみに最高出力は、ふたつの仕様で変更はなく265psと公表されていました。

 シャーシに組付けられたサスペンションは、前後ともにダブルウィッシュボーン式で、フロントはトーションバー、リヤはツイン・コイルスプリングで吊られた4輪独立懸架となっていました。そして前後ブレーキには、ダンロップ製のディスクブレーキを採用、最高速が150mph(約240㎞/h)、0~60 mph(0 ~ 96 km/h)加速が6.4秒という高いパフォーマンスにも対処されていました。またホイールに、センターロック方式のワイヤースポーク・タイプを標準装着していたのも大きな特徴でした。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS