コロナ禍でストレス発散? パパのお小遣いでギリ買える「中古輸入MT車」 (1/2ページ)

コロナ禍でストレス発散? パパのお小遣いでギリ買える「中古輸入MT車」

クルマ好きの夢「セカンドカー」がカーライフに彩りを与えてくれる

 今から40年ほど前のこと。当時大学生の分際でいすゞ117クーペを乗り回していた僕の頭に、ふと“セカンドカーが欲しい”などと不敵な思いが浮かんだ。町の外れの小さな中古車店の店先に並べられた、マルーンのスズキ・フロンテクーペの姿が目に止まる。

【関連記事】300台弱しか販売されなかった幻の日産「サニーVZ-R」を知ってる? 「シビック タイプR」をカモれるサニーとは

セカンドカーに欲しい中古輸入MT車画像はこちら

「お、これだ! ジウジアーロのコレクションが1台増やせる!」と勇んだ僕は、早速、展示車を見せてもらうことにした……のだが、実はプライスカードの“0”が隠れて見えなかっただけで本当は50万円だったか70万円だったかの値付けで、バイト代をはたいてJBLのスピーカー(今も愛用している)をはじめとしたホームオーディオ一式を揃えたばかりだった僕には到底手が出せるはずもなく、その壮大なプランは一瞬にして消滅したことがあった。

セカンドカーは欲しいけど現実問題お金がかかる……

「セカンドカー」という響きは、クルマ好きにとっては夢の始まりのような言葉ではないだろうか? すでに何か1台所有していて、さらにもう1台あるいは2台、3台と……。ミニチュアカーなら部屋中に溢れるくらい集めたとしても、せいぜい家族から文句が出るくらいだが、本物のクルマとなればそうはいかない。

【関連記事】300台弱しか販売されなかった幻の日産「サニーVZ-R」を知ってる? 「シビック タイプR」をカモれるサニーとは

セカンドカーとして走りが楽しめるクルマとして中古輸入MT車がリーズナブルでオススメ画像はこちら

 犬や猫のペットも多頭飼いすれば頭数分の保険代やら注射代がかかるのと同じように、クルマは駐車場代を始め、保険、税金、その他メンテナンス費用を考えると、複数台を持つには負担が増えるのは当然のこと。なかには秘密の車庫にヴィンテージカーや家族には内緒のクルマを持っているような強者もいらっしゃるが、せいぜいセカンドカーまでの2台持ちが一般的かもしれない。

欧州コンパクトカーの2台体勢でセカンドカーライフを堪能

 今、僕は2気筒のフィアット500のファーストカーだけですべてをこなしているが、かつてメインのクルマともう1台、別のクルマを持ちながら2台態勢でやっていた時期がある。その時のセカンドカーに選んでいたのは主に欧州コンパクトカーでクラシック・ミニ(2台)、初代フィアット・プント、フォードKA、初代BMWミニなど。自宅は都下の長閑なエリアゆえ、庭にクルマを置く場所だけはあったが、まだセットバックがされていない昔ながらの田舎道だらけで、日常の買い物などでコンパクトカーは重宝する。セカンドカーに欲しい中古輸入MT車画像はこちら

 なので家庭内でも「買い物用ね」と同意を取り付けて、用途と気分で2台を乗り換えてセカンドカーライフを堪能していた。