「ソニー」「ナカミチ」「マッキントッシュ」! 昭和のクルマ好きが憧れた「1DIN」カーオーディオの世界 (1/3ページ)

「ソニー」「ナカミチ」「マッキントッシュ」! 昭和のクルマ好きが憧れた「1DIN」カーオーディオの世界

カーオーディオの歴史に残るモデル

 “カーステレオ”と呼ばれる以前の“カーラジオ”の時代は、当然ながらワンボディが当たり前だった。ちなみにカーラジオは、1930年にアメリカのモトローラが発売したのが最初で、その後1936年にGM傘下だったデルコ・エレクトロニクスも発売。日本では1951年にクラリオン、1955年にはデンソーテン(当時)が初代クラウン用のカーラジオを発売している。

 ところでワンボディのカーオーディオを指す言葉で“1DIN”というのを耳にしたことがあるかと思うが、これはドイツの工業規格で、意外と新しく1984年に制定されたもの。フェイス(前面パネル)が横180mm×高さ50mmのサイズのものを一般的に1DINと呼び、高さが倍の100mmのものは2DINと呼ぶ。

【関連記事】R33「スカイラインGT-R」のおかげで「フェニックスパワー」の今がある! 最高速アタックでエンジンブローしながら得たセッティング術とは

メルセデス・ベンツに採用された1DIN画像はこちら

 一般的に……と書いたのはメーカーによっては(パイオニアなどは)1D、2Dといった独自の呼び名を使っているからだ。ついでながらオーディオシステム本体の呼び名も“メインユニット”と呼んだり(パイオニアなど)、ヘッドユニット(アルパインなど)と呼んだり違いがあるが、指しているモノは同じだ。

カーオーディオの歴史に残るモデル

 “カーステレオ”と呼ばれる以前の“カーラジオ”の時代は、当然ながらワンボディが当たり前だった。ちなみにカーラジオは、1930年にアメリカのモトローラが発売したのが最初で、その後1936年にGM傘下だったデルコ・エレクトロニクスも発売。日本では1951年にクラリオン、1955年にはデンソーテン(当時)が初代クラウン用のカーラジオを発売している。

 ところでワンボディのカーオーディオを指す言葉で“1DIN”というのを耳にしたことがあるかと思うが、これはドイツの工業規格で、意外と新しく1984年に制定されたもの。フェイス(前面パネル)が横180mm×高さ50mmのサイズのものを一般的に1DINと呼び、高さが倍の100mmのものは2DINと呼ぶ。

【関連記事】R33「スカイラインGT-R」のおかげで「フェニックスパワー」の今がある! 最高速アタックでエンジンブローしながら得たセッティング術とは

メルセデス・ベンツに採用された1DIN画像はこちら

 一般的に……と書いたのはメーカーによっては(パイオニアなどは)1D、2Dといった独自の呼び名を使っているからだ。ついでながらオーディオシステム本体の呼び名も“メインユニット”と呼んだり(パイオニアなど)、ヘッドユニット(アルパインなど)と呼んだり違いがあるが、指しているモノは同じだ。