新型BRZを買うか、それともライバルか? 予算350万円以下で手に入るスポーツモデル5選 (1/2ページ)

新型BRZを買うか、それともライバルか? 予算350万円以下で手に入るスポーツモデル5選

新型BRZと同価格で魅力あるクルマは買えるのか!?

 2020年11月18日に第2世代のBRZが世界初公開。それ以降、ことあるごとにtwitterなどのSNSで関連ワードがトレンド入りするなどクルマ好きを魅了してきた。そして、2021年7月29日。ついに先行予約受注が開始!

【関連記事】日産「サクラ」&三菱「eKクロスEV」がイヤーカーに決定! 日本カー・オブ・ザ・イヤー2022-2023の各賞を発表

新型BRZのリヤビュー画像はこちら

 価格は税込みで300万円オーバー(308万円~343.2万円)となった。だが、飛躍的に進化した走りとアイサイト(ATのみ)などの予防安全性能の強化、装備などを比較すると据え置きに近いことがわかる。スポーツカーとして非常に魅力的な1台であるが、同価格帯の予算があればクルマ好きが興味そそられるマシンが選べたりする。今回はBRZ(GR86も)に勝るとも劣らないスポーツモデルを5台厳選した!

トヨタGRヤリス RC/330万円(新車)

WRCで勝つために生まれたスーパーウェポンがまさかの同価格

 駆動方式にこだわりがなく、新車で同等以上のパフォーマンスがほしいユーザーにオススメしたいのがGRヤリスのRC。競技用ベース車両だが、アルミやカーボンの軽量素材が使用され、GRファクトリーのラインにて熟練工の手で生産される専用ボディ、WRC(世界ラリー選手権)で勝利するために開発された1.6L直3DOHCターボ+4WDシステムなど、特別感はBRZ(GR86)にはないものだ。

【関連記事】日産「サクラ」&三菱「eKクロスEV」がイヤーカーに決定! 日本カー・オブ・ザ・イヤー2022-2023の各賞を発表

GRヤリスのフロント画像はこちら

 パフォーマンス面も272ps/37.7kg-mと大きく上まわり、エンジンの存在を強く主張する。走りもどっしりと落ち着きがあり、攻め込んでも不安感が一切ない。ルックス、スペック、パフォーマンスを含めて、トヨタのホンキを感じるマシンだ。エアコンも装備されていないが後付けは可能なので実用性も問題なし。価格もエアコンと18インチパッケージ(大径ブレーキ含む)などを加えても350万円強だ。

GRヤリスのエンジン画像はこちら

 ただし、予防安全パッケージやスマートキーなどの装備はオプションでも設定はなく、安全性や使い勝手面でやや物足りなさを感じる。だが、走りを優先するなら気にならないはず。操る楽しさを満喫できるBRZ、4WDならではのトラクション性能を活かした刺激が気持ちいいGRヤリス。方向性は異なるが、ともにスポーツカーとしては一級品。どちらを選んでも満足度は高い。

GRヤリスのリヤビュー画像はこちら

マツダ・ロードスターRF S/343万9370円~346万7200円(新車)

ライトウエイトスポーツの魅力が味わえる唯一無二の存在

 国産新車で買える数少ないファストバックのFRスポーツとして、旧型BRZ(86)と比較されることが多かったロードスターRF。BRZの排気量が2.4L(235ps/25.5kg-m)となり、動力性能面では2LのRF(184ps/20.9kg-m)と直接のライバル関係ではなくなったかもしれないが、スポーツカーとしての魅力は今だ際立っている。新型となってBRZのドライバビリティ、人車一体感も格段に高まっているが、クルマから発する動きが手に取るようにわかる感覚は、いまだロードスターに一躍の長があるといえる。

ロードスターRFのフロント画像はこちら

 また、車重も約160kg軽く、タイヤの転がり始めやステアリングを切ったときの軽快感、オープンエアの爽快感などライトウエイトスポーツならではの気持ちよさを味わわせてくれる。パフォーマンス面ではさらに劣るが、より人車一体感を味わいたいならブレーキや駆動系が2Lと共通となる、レ―ス参戦ベース車両のNR-A(1.5L、275万5500円)も良いチョイスだ。

 ただ、キャビンはタイトで包まれ感が強すぎる感があり、大柄な人には窮屈に感じる。また、2シーター、トランク容量の少なさなど、実用性や使い勝手という点ではBRZに軍配があがる。ATならアイサイトも搭載され、予防安全性能も追いついた。また、ボディ剛性に富み、スポーツカーらしいダイレクトなハンドリングはロードスターにはないものだ。

ロードスターRFのリヤビュー画像はこちら