「新型ランクル」納車1年以上待ち! ならば、同価格帯で乗れる「本格SUV」5選 (1/2ページ)

「新型ランクル」納車1年以上待ち! ならば、同価格帯で乗れる「本格SUV」5選

この記事をまとめると

■新型ランドクルーザーは納車まで1年以上待ち
■同価格帯にある5台を厳選して紹介
■同じく人気のスズキ・ジムニーもいまだ長期納車待ち

発売前から話題となり注文が殺到したランクル

 2021年8月2日に発表された新型トヨタ・ランドクルーザー(300系)は、これから注文しても納期は1年以上先、いや、数年かかるという見方もあったりする。ガチでタフなオフロードモデルを切望し、できるだけ早く乗りたい人にとっては、微妙な選択肢となってしまっている。

 そこで、新型ランドクルーザーの510万円~770万円という価格同等、あるいはそれ以内で買える、納期もそれほど長くないガチでタフなオフロードモデルをピックアップしてみたい。

ジープ・ラングラー

 その筆頭が、ランドクルーザーとはキャラが似ているようで、ちょっと違う、よりハードでワイルドな最新の4代目ジープ・ラングラーだ。価格は536万円からで、元々、軍用発祥であり、僻地のレンジャーにも定評がある超本格オフローダーである。

【関連記事】米国で「車中泊」あらため「フリーキャンプ」に挑戦! キャンプ場以外での車中泊はリスクと背中合わせです──米国放浪バンライフ:Vol.10

ラングラーのフロントスタイリング画像はこちら 超高級、ラグジュアリーになっているランドクルーザーと、今では別世界の乗り物だが、過酷な環境、道を走る上では、世界最強クラスと言っていいだろう。今ならシープの原点をオマージュしたラングラー・アンリミテッド・ウィリスという特別仕様車もある。

ラングラーの限定車「ウィリス」画像はこちら

ランドローバー・ディフェンダー

 つぎは551万円からのランドローバー・ディフェンダーだ。ランドローバー史上最強のタフネスと走破性を持つ新型モデルであり、最大深度900mmの渡河能力を持つ世界最強のオフローダーの1台、屈指の強者だ。ランドローバーらしい、高級感溢れる内外装の仕立ては、ランドクルーザーと共通点がある。

ディフェンダー画像はこちら