「150万円以下」で買えるなんて安すぎ! 乗るなら今しかない中古「ワークスコンプリートモデル」4選 (2/2ページ)

日産 ノート NISMO S

 今では日産を代表する車種となった、コンパクトカーのノート。現行型はe-POWER専用車となり、モーター駆動の俊敏さを活かしたホットモデルのノートオーラ NISMOも高い評価を集めている。しかし、やはりエンジンをブン回して走りたいという人には、先代のNISMO Sが非常にお手ごろ価格になっているのである。

【関連記事】ダイハツ「コペンGR SPORT」はカスタムしても楽しい? 気になるポイントをチェックしてみました【AMWリレーインプレ】

ノートニスモS画像はこちら

 先代のNISMO Sは、そもそもベース車に存在しない1.6Lエンジンと5速MTが搭載されており、まさにメーカー謹製のエンジン&ミッションスワップ車ということになる。

専用エンジン画像はこちら

 もちろんエンジンは専用チューニングが施される。さらに、専用サスペンションやボディ補強、レースからフィードバックされたエアロパーツなどをまとい、実用車から一気にホットハッチへと進化している1台なのだ。

ノートニスモSのインパネ画像はこちら

 そんな先代のノートNISMO Sも、前期型であれば総額で100万円未満という個体も多い。150万円まで予算をアップできれば、低走行の車両も狙うことができる。NISMO Sに関しては、後期型になっても見た目以外大きく変わる点もないため、前期型の買い得感は強いと言えるだろう。

スバル・インプレッサWRX STI

 スバルのワークスと言えば知る人ぞ知るSTIであるが、その名前が冠されたカタログモデルのなかでも高い知名度を誇るのが「インプレッサWRX STI」ではないだろうか。ラリーで勝つために生まれたというエピソードも、マニア心をくすぐるポイントである。

GDB型WRXの前期画像はこちら

 そんなインプレッサWRX STIも2世代目のGDB系の前期~中期型モデルであれば、車両価格150万円以下で狙えるものも珍しくない。すでに初代のGC8は高値に転じてしまっているため、2代目が手ごろな価格をキープするのもそう長くはないかもしれないので、気になる人は早めの行動がよさそうだ。

GDB型WRXの中期画像はこちら

 また、この予算で狙えるインプレッサWRX STIとしてはもうひとつ、3代目に設定された「Aライン」が存在する。これは専用の2.5Lターボエンジンを搭載し、パドルシフト付きの5速ATを組み合わせたもので、まさに“大人のインプレッサWRX STI”といったもの。

A-Lineの走り画像はこちら

 とはいえシャーシやボディといった基本コンポーネントはSTIそのものであるから、そのポテンシャルは推して知るべしだ。

A-Lineのインパネ画像はこちら