スバル車の名医「ガレージKM1」に聞く初代インプレッサWRXの「アンチエイジング」手法とは (1/2ページ)

noteで書く
スバル車の名医「ガレージKM1」に聞く初代インプレッサWRXの「アンチエイジング」手法とは

この記事をまとめると

  • 最終モデルでも20年が経過した初代インプレッサのメンテナンスポイント
  • スバル車専門店のガレージKM1緒方代表がチェックポイントを指南
  • オーバーホールも視野に入れて大切なGC&GFを末永く乗り続けたい

クルマの使用歴によって各部の状態は異なる

 GC型(セダン、クーペ)/GF型(スポーツワゴン)をラインアップする初代インプレッサのなかでも、WRX系はスバルが本気でWRCを戦うために開発されたモデルだ。当初240psだったエンジンの最高出力は、最終的に280psまで引き上げられ、その特性からエンジンや足まわりをチューニングして、ハードに扱われてきたクルマが多い。ガレージKM1緒方 彰さん

 ただし頻繁にサーキット走行を行ってきたクルマであっても、各部のメンテナンスがしっかりと行き届いていれば、トラブルも少なく快適に乗り続けることが可能だ。

オーバーホールでリフレッシュすることも考えたい

 逆に走行距離が少なく大切に乗られていても、経年劣化した部品が交換されていなければ、これからトラブルが多発することになる。いずれにせよ古いモデルだけに、「オイルと水さえ管理すれば快適に乗れる」というクルマではなくなってくる。2.0L 水平対向4気筒EJ20型ターボエンジン

 このGC型/GF型と長く付き合うには、これから出てくるトラブルに応じて各部に手を加えていく必要がある。またトラブルなく走っていても走行距離が嵩んでくれば、エンジン内部が疲労しておのずとパワーダウンしてくる。本来の性能を取り戻すのなら、コストは高くつくがオーバーホールするという手もアリだ。

 スバル車専門ショップのガレージKM1にはGC型/GF型ユーザーが数多く訪れており、メンテナンスノウハウは豊富。トラブルに素早く対応してフラット4ならではの心地良いエキゾーストノートを轟かせている。

noteで書く

画像ギャラリー