アルファードのおすすめカスタムパーツとは?価格やカスタム例をご紹介 (1/2ページ)

アルファードのおすすめカスタムパーツとは?価格やカスタム例をご紹介

Lクラス最強のドレスアップベース車を最新攻略

 2018年にマイナーチェンジを受けた30アルファード。以降、販売台数は兄弟車のヴェルファイアを大きく上まわり、アフターパーツも数多く登場。ドレスアップ熱はますます上昇中だ。そんなアルファードのおすすめカスタムパーツを、実例とともに紹介していく。

目次

アルファードでおすすめするカスタム箇所

 内外装、オーディオ、チューニング系まで、30アルファードのカスタムパーツは非常に豊富。やろうと思えば全身に手を入れることができる。だが、まず基本となるのは先代の20系と同様にやはり足元といえる。サスペンション交換とタイヤ&ホイールのインチアップあたりから入るのがおすすめだ。

サスペンション

 ローダウンするには、大きく分けてダウンサスペンション(以下:ダウンサス)、車高調、エアサスペンション(以下:エアサス)を使う3パターンがある。とにかくコストを抑えたいならダウンサスだが、下げ幅や乗り心地、実用面では車高調やエアサスに軍配が上がる。とくにエアサスは調整式アームなども併用すれば着地まで落とせるし、ピンチ時はサッと車高を上げられるからとにかく便利。車高調はつねに低いまま、キビキビと走りたい人に向いている。

【関連記事】トヨタ「ヴォクシー」を全身カスタムペイント! 格上「アルヴェル」に負けない迫力とは

アルファードのサスペンション画像はこちら

タイヤ&ホイール

 タイヤ&ホイールは20インチが定番だ。大柄な車格にもマッチしている。各メーカーのラインアップも多く、選択肢の自由度が高いのがポイント。とはいえバランス的には21インチもよく似合うし、以前よりタイヤが増えたこともあって装着率が上昇中なのだ。より大口径を目指すなら22インチも履けないこともないが、やはり上級者向け。見た目よりコスパ重視なら19インチも良し。アルファードのタイヤ&ホイール画像はこちら

エアロ&グリル

 30アルファード後期はまだ純ベタ派も目立つなか、エアロ装着車も増えてきた。人気は純正バンパーに付け加えるアンダーフラップやハーフタイプで、よりインパクトを出したいとなれば丸ごと交換のフルバンパーがベスト。なお、グリルは換えないユーザーが多数派。ゆえに交換すれば目立つこと間違いなしなのだが、顔の印象を大きく左右するため慎重に選びたい。アルファードのエアロ&グリル画像はこちら

マフラー

 マフラー変更も王道メニュー。純正は存在感ゼロのマフラーレス仕様なので、テールエンドを出すだけでもリヤビューのアクセントになる。出口部分だけを付け加えるマフラーカッターならお手軽にできる。サウンドの変化も求めるならリヤピース交換タイプがおすすめで、左右両側出しタイプを選べば見た目もスポーティに演出可能だ。アルファードのマフラー画像はこちら

インテリア

 上級グレードの室内は純正でも十分豪華だが、ファブリックシート車はシートカバー装着で質感アップを狙いたい。デザインやカラーはさまざまで、純正本革風もあれば欧州車っぽいパターンもあったりと選ぶのも楽しい。ほかにはフロアマット交換や室内照明のLED化も人気の小技。商品はたくさん用意されているが、購入時は対応年式やグレードをしっかり確かめるのをお忘れなく。アルファードのインパネ画像はこちら

アルファードにおすすめのカスタム

アルファードのホイールカスタム例①

 ワーク・ランベックLM1の21インチにタイヤはニットーの245/30-21をセット。迫力たっぷりの大口径だが、ゴールドカラーのディスクを選ぶことで、よりキャッチーな足元に仕立てている。ちなみにフロントのアンダーフラップも上面をゴールド塗装、エンブレムもタイプゴールド移植と、各部に金の差し色を投入しているため、まとまって見える。アルファードのカスタム例画像はこちら

アルファードのホイールカスタム例②

 多くのドレスアッパーが一度は履いてみたいと願う鍛造ホイールBBS LM。それにこれまた憧れのブランド・ブレンボのブレーキシステムを組み合わせるという超贅沢な例がコチラ。さらにいうなら、LMは前後とも20インチ×10.5J+20という日産GT-Rと同じスペックだ。純正のままでは履けない規格外サイズだが、アーム交換や加工も駆使してねじ込んでいる。アルファードのカスタム例画像はこちら

アルファードのフロントグリルカスタム例①

 ヴァルド製のフロントグリルを装着。アウトライン形状は純正と同一ながら、インナーのメッシュはレクサスLMを彷彿させるプレミアムな意匠になっている。それをボディカラーに合わせてマットブラックに塗り分け、引き締まった表情を演出。同じくグリル上部のガーニッシュや、純正のメッキモールもブラックアウトしている。アルファードのカスタム例画像はこちら

アルファードのフロントグリルカスタム例②

 大型のフロントグリルはアルファードのアイコン的存在。レクサスでいえばスピンドルグリルのようなモノで、「純正でいい」という人は多いが、あえて換えることで大幅イメチェンが可能だ。これはシルクブレイズ・グレンツェンYOROIで、バンパーとグリルは一体構造となっている。つまりフロントマスク自体がガラリと変わっている。さらに赤のラインテープでアクセントを入れているのも特徴だ。アルファードのカスタム例画像はこちら

アルファードのエアロカスタム例①

 アヴァンツァーレのアンダーフラップタイプエアロをフロント、サイド、リヤと装着。リヤについては中央にアンダーディフューザー、その左右にサイドスポイラーという組み合わせだ。いずれもシンプルで小振りながら、エアロ上面やディフューザーのフィン以外をブラックアウト。白ボディを引き締めるとともに、ボトムまわりに視線が向くようなフィニッシュになっている。アルファードのカスタム例画像はこちら

アルファードのエアロカスタム例②

 純正アクセサリーとして設定されているモデリスタのスポイラー。フロント、サイド、リヤと各部にメッキパーツがあしらわれており、ラグジュアリーに演出できるのがメリットだ。とくに黒ボディ車にはよく映えるので効果絶大だ。この例ではグリルもエムズスピード製にチェンジ。横フィン基調のインナーをブラックアウトしたことで、メッキがより引き立って見える。アルファードのカスタム例画像はこちら

アルファードの足回りカスタム例①

 エクステリアはほぼノーマルのまま、ローフォルムで走れる仕様を追求している。車高調は326パワーのチャクリキダンパーを選び、フロントはTディメンドのロールセンターアダプターとイージープロ、リヤはフォルテのアッパーアームやスイングアームに交換している。エアコンパイプや燃料パイプの位置も上げるなど、しっかりと干渉対策も施された1台だ。アルファードのカスタム例画像はこちら

アルファードの足回りカスタム例②

 Tディメンドのエアサスで着地まで持っていける極低の30アルファード。同じく前後アームも一式Tディメンド製に換装され、全下げ時はリヤ10度のキャンバー角になるようセッティングされている。なおホイールは20インチで、フロントは9.5J、リヤは10.5J。インセットは前後ともプラマイゼロと、かなり攻めたサイズながら、サラリと履きこなしているのも見どころ。アルファードのカスタム例画像はこちら

アルファードのマフラーカスタム例①

 フロント、サイド、リヤとエアロはクール。ホイールもヴェルズホイールズKCV01ということで、左右4本出しマフラーも当然クール製である。大口径の真円スラッシュテールはインパクト抜群。ヒートブルーカラーもモノトーンボディにいい感じの差し色として活躍している。いかにもレーシーな見た目ながら、サウンドは今どきっぽくジェントルなのもGOOD。アルファードのカスタム例画像はこちら

アルファードの内装カスタム例①

 アドミレイションのオーダーメイドシートカバー・アルタモーダで上質な室内空間を実現。カラーリングはアイボリー×ブラックのコンビで、アイボリー部分はSSPUレザー、ブラック部分はラムースと素材も切り替えている。アクセントとなるステッチカラーは赤を選択。ネックパッドも同じくアドミレイションのロゴ入りタイプがコーディネイトされている。アルファードのカスタム例画像はこちら

アルファードのヘッドライトカスタム例①

 純正の3眼プロジェクターを強調する3連イカリングを装着。その下のデイライト部分にも手が加えられており、さまざまな点灯パターン&カラーに染まる変幻系RGB仕様になっている。アルファードのカスタム例画像はこちら

 さらにウインカーもシーケンシャルなのは純正同様ながら、まるで光の球が転がるような美しい流れ方をするよう加工。夜はとにかく華やかだが、昼間の非点灯時はシンプルなのもウリ。アルファードのカスタム例画像はこちら