マツダのドル箱SUVに魅力たっぷりな特別仕様車が登場!「CX-3 Super Edgy」「CX-30 Black Tone Edition」とは (1/2ページ)

noteで書く
マツダのドル箱SUVに魅力たっぷりな特別仕様車が登場!「CX-3 Super Edgy」「CX-30 Black Tone Edition」とは

この記事をまとめると

  • マツダの主力SUVのCX-3とCX-30に特別仕様車が登場
  • CX-30には新たなエントリーグレードが設定
  • 各々のモデルに込められた狙いとは何か?

マツダの売れ筋SUVに魅力的な特別仕様車が登場

 マツダが2021年秋に発表した「CX-3」と「CX-30」の特別仕様車が、マツダR&Dセンター横浜に展示されているとのことで、取材することに成功。その詳細を紹介していこう。

エレガントさが際立つ「CX-3 Super Edgy」

 まず2021年10月14日に発表された「CX-3 Super Edgy」最大の特徴は、ピラーから上の部分がブラック塗装となる2トーン仕様が採用されたことだろう。サイドウインドウから上のキャビン部分とホイールを含むボディの裾の部分を、艶感のあるブラックで引き締めることで、エレガントさがさらに際立つ印象となっている。

【関連記事】ガレージのツールもデザインにこだわる時代! シックなマットブラックのエアコンプレッサーが「DEEN.J」から発売

マツダの特別仕様車画像はこちら ボディカラーは、「プラチナクォーツメタリック(ブラックキャビン)」、「ソウルレッドクリスタルメタリック(ブラックキャビン)」、「ポリメタルグレーメタリック(ブラックキャビン)」、「セラミックメタリック(ブラックキャビン)」の4色をラインアップ。展示車はプラチナクォーツメタリックだったが、光の当たり具合によって表情を変え、上質さのなかにスポーティなイメージを共存させた個性的な印象となっていた。マツダの特別仕様車画像はこちら

 インテリアはブラック基調。ダッシュボードやドアトリム、フロントシートバックなどに明るいホワイトが配置されていることに加え、シートの背もたれ部分やエアコンのルーバーリングなどにカッパーの差し色を散りばめることで、上品でモダンな空間に仕上げられている。マツダの特別仕様車画像はこちら

CX-30の特別仕様車「Black Tone Edition」とは

 続いて、2021年10月28日に追加された、個性の際立つスポーティな世界観を表現した特別仕様車「CX-30 Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」もチェックしていこう。マツダの特別仕様車画像はこちら

 ボディ下部がブラックで引き締められたエクステリアが、堂々とした特別感を演出。インテリアはブラック基調だが、鮮やかなレッドのステッチが散りばめられていて、走りの良さを連想させてくれる意匠も魅力的なポイントとなっていた。マツダの特別仕様車画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー