ATでもやっぱりスバルはスバル! MTじゃないのに「激速」なスポーツモデルとは (1/2ページ)

noteで書く
ATでもやっぱりスバルはスバル! MTじゃないのに「激速」なスポーツモデルとは

この記事をまとめると

  • MT車にはない魅力が堪能できるスバルの2ペダルスポーツ車
  • GR・GV系インプレッサWRX STIとVA・VB型WRX S4の魅力とは
  • VAG型初代WRX S4が安全装備充実とコスパ面でも優れている!

ATやCVTでもスポーティな走りが楽しめる
スバルの2ペダルモデルの魅力とは

 スバルの2ペダルスポーツモデルの代表といえばWRX S4だ。現行型では排気量が先代の2Lから2.4Lに拡大され、ターボの力強い加速と低回転域から湧き上がる太いトルクにより、全域でパワフルになった印象だ。さらに先進の運転支援システム「アイサイトX」搭載車も設定されており、気持ちの良い走りと快適で安全というWRX S4の魅力にさらに磨きをかけたと言える。

【関連記事】限定コンプリートカーをイジるなんてもったいない!? 究極のメーカー謹製チューニングカーの論争に決着

アイサイトXの作動イメージ画像はこちら

 同じく2ペダルでスポーツドライビングを楽しめるスバル車といえば、3代目インプレッサWRX STIに設定されたAラインだ。このモデルは歴代WRXシリーズで初めてSTIに設定されたATモデルで、登場時はMTモデルと同様5ドア(GRF型)のみの設定だったが、のちに4ドアモデル(GVF型)にもAラインが設定された。GVF型インプレッサWRX STIのリヤスタイル画像はこちら

2.5Lターボ採用でゆとりある走りが堪能できる
「インプレッサWRX STI Aライン」

 インプレッサWRX STI Aラインの特徴は、6速MTモデル(GRB型/GVB型)と同じ迫力あるブリスターフェンダーを備えており、オプションながらブレンボ製対向ピストンブレーキキャリパーを装着することも可能であった。搭載されるエンジンはEJ25型2.5L水平対向4気筒インタークーラーターボで、最高出力は300ps、最大トルクは350N・mを誇り、当時のスバル車2ペダルモデルの最強スペックを誇った。

【関連記事】限定コンプリートカーをイジるなんてもったいない!? 究極のメーカー謹製チューニングカーの論争に決着

GRB型インプレッサWRX STI Aラインの走り画像はこちら

 組み合わされるトランスミッションはマニュアルモード付き5速ATとなり、フロアのシフトセレクターに加えてステアリングコラムに備わるパドルシフトでの変速も可能。ブリッピング機能により小気味よい変速フィールを味わうことができた。またセンターデフにVTD(電子制御不等可変トルク配分)AWDが採用され、MTモデル用のDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)と同じく、AWD車ながら抜群の回頭性を持つスポーツAWDモデルに仕上がっていた。

 このAラインはMTモデルにはない装備がチョイスできる点も魅力で、年式によりサンルーフやタンレザーのプレミアムインテリア、定速クルーズコントロールなど、上質なプレミアムスポーツという一面も備えていたのだ。インプレッサWRX STI Aラインのコクピット画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー