最速の称号に今一歩の「惜しい」存在! いまだ人気の2代目「トヨタMR2」とは (1/2ページ)

noteで書く
最速の称号に今一歩の「惜しい」存在! いまだ人気の2代目「トヨタMR2」とは

この記事をまとめると

  • 人気だった初代のDNAを受け継ぎ誕生した2代目MR2
  • 最新技術も投入され運動性能に磨きをかけた
  • いまでもジムカーナなどの競技では現役で活躍している

生産終了から20年経っても競技ではいまだ現役

 1989年に登場した2代目MR2、型式SW20型。1999年に販売を終了しましたが、現在でも人気が高くジムカーナの大会でもその姿をよく目にします。今だに競技シーンで現役な理由はどこにあるのか? どんなモデルだったのか振り返りつつ、その理由を探っていきましょう。

偉大な初代のパッケージを受け継ぎ誕生

 バブル真っ只中に登場した2代目MR2。その名が表す通りミッドシップの2シーターというパッケージはそのままに、エンジンは先代の1.6Lから2.0Lに排気量を拡大しパワーアップ。ボディサイズも全長は220mm、全幅は30mm拡大され、内装も豪華になりました。

【関連記事】大ヒット狙いのメーカーの自信作……のハズがアレ? 目論見ハズれた平成の不人気車5選

SW20の筑波サーキット走行風景画像はこちら

 バブル期に登場したモデルだと思わせる、新たなメカニズムも採用されいます。新開発の電動油圧パワステ(エンジンではなく電動モーターで油圧ポンプを駆動させる)や、世界初のステアリング連動フォグランプなどが装備されました。今でこそ走りのベース車というイメージが強い2代目MR2ですが、トランクルームの拡大やエクセーヌと本革を使用したスポーツシートの設定、音質の高さが自慢のスーパーライブサウンドシステムなど、デートカーとしての側面も持ち合わせていました。

ラゲッジルーム画像はこちら

10年の間に4回の改良が施された

 約10年という長きに渡り販売されていた2代目MR2、その間4回の改良が行われました。1991年末に行われた最初の改良で登場した2型と呼ばれるモデルは、おもにジオメトリの変更やブレーキの大型化など、足まわりを中心にバージョンアップ。ピーキーと呼ばれた特性は影を潜めるようになりました。

 1993年に登場した3型では大幅に進化。そのなかでの最大のトピックスはエンジンです。ターボは最高出力225psから245psへ、NAも165psから180psへとバージョンアップ。また、「スポーツ走行で武器になる」と言われたスポーツABSも設定されました。そのほかデザインの小変更が行われ、より洗練されたスタイリングになりました。

3型の走り画像はこちら

 1996年には4型へと進化。メカニズム的な変更はあまり少なかったものの、スポーツABSやエアバックなどが標準装備となったほか、灯火類の小変更が行われました。

 そして1997年に最終進化系の5型が登場。角度調整式ウイングが採用され、ホイールデザインの変更などが行われました。そしてNAは連続可変バルブタイミング機構VVTiを採用し200psへとパワーアップ。この最終型のNAは歴代最高のバランスと言われていて、中古市場でもターボ並みに人気がある状況となっています。

最終型の外観画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー