後席もラゲッジも最高だけど電源がちょっと残念! 日産アリアをアウトドア目線で調べてみた (1/2ページ)

後席もラゲッジも最高だけど電源がちょっと残念! 日産アリアをアウトドア目線で調べてみた

ロングホイールベースによって先進的なスタイルと広い室内空間を実現

 日産から登場した、EV専用プラットフォームを採用した大空間BEVが「アリア」。この5月12日、ついにカタログモデルの66kWhのバッテリーを積む「B6 2WD」が正式に一般発売されたところだ。

 ボディサイズは全長4595×全幅1850×全高1655(プロパイロット2.0装着車1665)mmで、ホイールベース2775mm。日産MクラスSUVの「エクストレイル」は同4690×1820×1740mmでホイールベース2705mm。つまり、エクストレイルに対して全長が95mm短く、全幅は30mm広く、全高は65mm低いプロポーションとなる。ここで注目すべきはホイールベースで、全長が95mm短いにもかかわらず、70mmも長いところ。そして前後オーバーハングも極端に短い。それが先進感に満ちた、魅力的なスタイリングを醸し出していることは間違いない。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

BEVならではのプロポーション画像はこちら

大自然のなかのラウンジにもなる余裕の後席

 アリアのBEVとしての大きな特徴が、先進感溢れるインテリア。12.3インチのフルデジタル液晶メーターに連続するタブレットのように操作できる12.3インチのセンターディスプレイや、木目調パネルにパワーONで浮かび上がる、ハブティクスイッチと呼ばれるオートエアコンの静電式タッチスイッチも新鮮だ。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

フロントシートの足元が広くサイドスルーも簡単画像はこちら

 しかし、なんと言ってもその広大な室内空間が魅力だ。前席足元は、エアコンユニットなどを小型化してボンネット内方向に移動させたことで、サイドスルーも楽々容易なほどすっきり広々。さらにエアコン吹き出し口やUSBソケット、シートヒーターまで完備するフラットフロアの後席は、身長172cmの筆者のドライビングポジション背後で膝周り空間に300mmものゆとりがあるほどだ。つまり、例えばアウトドアで後席が大自然のなかの特等席、ラウンジにもなりうるというわけだ。

後席の膝周りのゆとり画像はこちら

奥行きのあるラゲッジは使い勝手が良好

 ラゲッジルームも広い! 開口部地上高740mm(段差なし)、フロア奥行き970mm、フロア幅1100~1390mm、最低天井高670mm(フロアボードを外すことで拡大可能)。床下全面に浅い収納があるのも使い勝手がいい。ちなみにエクストレイルは開口部地上高730mm(段差なし)、フロア奥行き900mm、フロア幅1100mm、最低天井高785mm。床下収納あり……と、とくにアリアは荷物の積載性で威力を発揮する奥行き方向の長さに優位性がある。

ラゲッジルームは奥行き900mm画像はこちら