やっぱりアウトドアは4WDが安心! 200万円前後で新車が狙える「本格ヨンク」3選 (1/2ページ)

やっぱりアウトドアは4WDが安心! 200万円前後で新車が狙える「本格ヨンク」3選

この記事をまとめると

  • アウトドアに乗っていくクルマ=本格SUVである必要はない……
  • しかし大自然のワイルドなシーンに似合う
  • ここでは予算200万円で購入できる本格的なSUVモデルを紹介していこう

荷物の積載性や走破性の高さを両立したモデルを紹介

 アウトドアに乗っていくクルマの選び方として、アウトドア&キャンプフィールドへの、整地されたアクセス性、そして主たる日常の使い勝手を考えると、なにも本格4WDやクロカンじゃなくても良さそう……というのは、あながち間違ってはない。そもそも、本格クロカンでしかたどり着けないような人気アウトドア&キャンプフィールドなど、少なくとも日本にはほぼないと言っていいからだ。

 しかし、アウトドア&キャンプフィールドで通ぶれるクルマを所有し乗って行けば、やはりカッコいい。本気のアウトドア派に見られることになる。普通のセダンでは、そうした大自然のワイルドなシーンに似合うはずもないのである。

【関連記事】まさに走る博物館状態でマニアも感涙! 「ヴェルナスカ・シルバーフラッグ」で気になったクルマたち

スズキ・ジムニーでアウトドアを楽しむ画像はこちら

 とはいえ、アウトランダーPHEV、RAV4 PHV、さらにはランドクルーザーといった本格的なSUVは、やはり高価。多くの人が、アウトドア用品やキャンプ用品にもお金のかかるため、できるだけクルマ購入の出費を抑えたいと思って当然だろう。キャンプ道具画像はこちら

 そこで、予算200万円前後で手に入り、しかも本格的な走破性やルックスを持つ国産新車を紹介したい。ポイントは、荷物の積載性や走破性の高さはもちろんだが、忘れてはいけないのが、アウトドア&キャンプフィールドは自宅からけっこう遠いところにあること。よって、高速道路や山道走行を快適に走り、こなしてくれる車種であることが重要だ。

トヨタ・ヤリスクロス

 まず紹介するのは、ヤリスクロスのXグレード1.5Lガソリン車の4WDだ(写真はガソリンモデルのZグレード)。212万7000円で、最低地上高は170mm、4WDはRAV4にも使われているダイナミックコントロール4WDを用いている。

【関連記事】まさに走る博物館状態でマニアも感涙! 「ヴェルナスカ・シルバーフラッグ」で気になったクルマたち

トヨタ・ヤリスクロス画像はこちら

 筆者はモーグル路など、さまざまな悪路の走行経験があるが、ヤリスクロスという車名から想像するより、はるかに本格的な走破性の持ち主なのだ。その走りはHV車と比べ軽快かつ安定感抜群で、4WDになると乗り心地も2WD以上に快適になる。トヨタ・ヤリスクロス画像はこちら

 しかも、下から2番目のXグレード(実質的エントリーグレード)でも、全車速追従機能付きレーダークルーズコントロール(ACC)やレーントレーシングアシストなどの先進運転支援機能をほぼフル搭載。ロングドライブ、高速走行も楽々安心安全だ。さらにラゲッジルームはアジャスタブルデッキボードを備え、高さのあるアウトドアやキャンプの荷物もどっさり入る。トヨタ・ヤリスクロス画像はこちら

 後席が国産車として例外的な4:2:4分割のため、4人乗車でも長尺物も積載もOKと、じつに使いやすいラゲッジルームなのだから言うことなし。ベージュやグレイッシュブルーのボディカラーを選べば、さらに通っぽく見えるはずだ。トヨタ・ヤリスクロス画像はこちら

画像ギャラリー