出すなら令和だったろ! アウトドアブームのいまなら大ヒットの予感漂う平成の不人気車3選 (2/2ページ)

EJ20ターボ搭載のクロスオーバースポーツ
「スバル・インプレッサグラベルEX/1995年発売」

 空前のSUV&クロカンブームの今、平成初期では不遇だったクルマが光り輝いて見える。そんな1台がスバルのインプレッサグラベルEX(以下、グラベルEX)ではないか。1992年に登場した初代インプレッサをベースに、リフトアップしたRV的な雰囲気(当時はこの種のクルマをRV=レジャービーグルと呼んでいた)や、背面タイヤを含む装備を纏ったのがグラベルEXだった。いわば現代のスバルXVの前身、インプレッサXVというべきキャラクターであった。当時スバルはレガシイグランドワゴン(のちのランカスターやアウトバック)をリリースしており、まさに時代に先駆けた商品展開だったのである。

【関連記事】ホンダ「S2000」のレーシングスペックのエンジンに感激! ホンダらしさ全開のオープン2シーターを振り返ろう

スバル・インプレッサグラベルEXのフロントスタイル画像はこちら

 しかも、グラベルEXはただのインプレッサベースのRV仕様ではない。なんとベース車はインプレッサスポーツワゴンWRXで、水平対向4気筒インタークーラーターボエンジンで武装し、最低地上高は185mmまで高められていた。EJ20型水平対向4気筒ターボエンジン画像はこちら

 もっとも、ある意味時期尚早で、背面タイヤによるワイルドさより、その使い勝手の悪さが影響してか(リヤハッチを開けるためにスペアタイヤキャリアを扉のように開ける必要があった)、生産代数は1313台に留まったという。もちろん、そのコンセプトはいまのXVに受け継がれているのだが、願わくはスバルXV WRX、あるいはベース車両のインプレッサにあったSTIバージョンがあれば、もう少し販売台数を伸ばせたかも。いずれにしてもアウトドアも楽しめる、スバルならではのスポーティモデルは登場が四半世紀早すぎた。インプレッサグラベルEXのスペアタイヤキャリア画像はこちら

 前述した3モデルのうち、とくにエレメントとS-MXは、今のアウトドア&車中泊ブームにうってつけでジャストフィットする、遊び心も満載のクロスオーバーモデルだと思える。6代目新型ステップワゴンが原点回帰ということなら、1990〜2000年代に登場した、今見れば魅力的に映るキャラクターをぜひ、現代に蘇らせてほしいものだ。

 このほかにも、90年代半ばに登場したスズキのX90やダイハツ・ミゼットIIといった軽自動車のクロスオーバーモデルが、トヨタの小型モビリティ「C+pod」のようなBEVのパーソナルカーとして登場したら面白そうだ!

スズキX-90のフロントスタイル画像はこちら