軽自動車だらけの大人気レース! 脅威的な盛り上がりをみせる東北660選手権とは (1/2ページ)

軽自動車だらけの大人気レース! 脅威的な盛り上がりをみせる東北660選手権とは

予選落ちが発生するほどたくさんの参加者で賑わった

 新規格NAの軽自動車によるレース『東北660選手権』が今年もスタート。2011年に始まった当初から30台を超える台数を誇っていたが、12年目を迎えても盛り上がりはまったく衰える気配がなく、5月5日に行われた開幕戦では過去最多の72台が参加した。スポーツランドSUGOで繰り広げられた熱戦の模様をレポートしたい。

【関連記事】「ドリフト禁止」のサーキットはなぜ増えた? 「騒音」だけじゃない一部のモラルの低さが原因でした

SUGOの俯瞰画像はこちら

 当日は1台がブレーキ系のトラブルを抱え出走できなかったが、それでもグリッド数は45なので26台が予選落ちとなり、コンソレーションレースへの出走となってしまう。

 朝は公式レースと同じように車検を実施、おもに安全面のチェックが行われる。続いて新型コロナウイルスの感染に配慮した屋外ブリーフィング、終了したらクラスごとに枠をふたつに分け30分ずつの練習走行。コース上が混雑しすぎるのを避けるための措置で、2枠を総合したタイム順に予選のA組とB組が決まる。

ブリーフィングのイメージ画像はこちら

白熱したタイムアタック合戦となった予選

 予選はどちらのグループも完全なドライ路面で走行でき、総合トップは昨年のシリーズチャンピオンであるアベ(アルト/HA23V)、続く2番手には若手の有望株である細田駿也(エッセ/L235S)、3番手は最年長ドライバーの大塚 猛(エッセ/L235S)と改造範囲の広い1クラス勢が並ぶ。

【関連記事】「ドリフト禁止」のサーキットはなぜ増えた? 「騒音」だけじゃない一部のモラルの低さが原因でした

アベ選手のアルト画像はこちら

 ハイグリップタイヤが使える2クラスはコースレコード保持者の鈴木律幸、ニューマシンを投入した、同チームでしのぎを削り合う高橋康平、3クラスからステップアップして初戦の小松日高と、ミラ(L275V)がトップ3を独占した。

鈴木律幸画像はこちら

 セカンドラジアル限定の3クラスは、石川颯斗(アルト/HA23V)がポール、双子の兄弟が別クラスに参加している茂木勇輝(プレオ/L275B)が2位、静岡からの遠征組である嶋崎健太(アルト/HA23V)が3位とアウェーながら大健闘。

石川颯斗画像はこちら

 2ペダルだけの4クラスは遠く岡山からやって来た梶井貴寛(アルト/HA36V)が、前日から走り込んだ甲斐あってポールポジションを獲得する。5クラスは初心者が対象でシリーズポイントは付与されないが、1~4クラスのいずれかに合致している車両であれば何でもOKだ。

梶井貴寛画像はこちら

決勝は波乱の展開も生まれるほどアツいバトルに

 決勝は1クラス3番手の大塚 毅が痛恨のマシントラブルにより、数ラップ遅れてのピットスタートを余儀なくされ優勝争いから脱落。アベが細田に食い付かれながらも貫禄の走りでレースをリードするが、ファイナルップの最終コーナーで周回遅れのマシンがアベのラインを塞ぎ、0.027秒差で1クラスにデビューしたばかりの細田が総合優勝を飾る。

1クラス決勝画像はこちら

 ただし、予選ポールポジションと決勝ファステストラップはアベで、それらのポイントを加算すると細田と同じ15になりイーブン。第2戦からはますます面白い展開になりそうだ。

 2クラスは鈴木と高橋の身内バトルが最後まで続き、結果的には高橋が逆転して優勝を決めた。3クラスは石川が他を寄せ付けない速さでそのまま優勝、2位は茂木、3位はこれまた兄弟で参戦の大越 拓(ミラ/L275V)が入る。注目の4クラスは梶井が総合でも27番手に食い込む健闘で優勝、アルト(HA36V)のポテンシャルを大いに見せ付る結果となった。

4クラスは梶井画像はこちら