国内のトップカテゴリを総なめしてチーム国光を設立! ル・マン勝利をももぎ取った【天才・高橋国光の足あと 第2回(全3回)】 (1/2ページ)

国内のトップカテゴリを総なめしてチーム国光を設立! ル・マン勝利をももぎ取った【天才・高橋国光の足あと 第2回(全3回)】

フリーのドライバーとして名を馳せ、自らのレーシングチームも実現

 国内モータースポーツのレジェンド、高橋国光さんの足跡を振り返る企画として、1回目の前回は2輪ライダーのころの話を中心に振り返りました。ホンダに認められてワークスライダーとしてWGPに参戦し、西ドイツGPで優勝を遂げたものの、マン島でクラッシュ。1年後に復帰した後に4輪にコンバートして日産のワークスドライバーとなり活躍し、全日本F2000/F2や富士GCにも参戦したのです。2回目の今回は、その後日産を離れてフリーのドライバーとして活躍し、その一方で自らのレーシングチームを立ち上げた辺りを振り返ります。

全日本F2000/F2選手権と富士GCの両シリーズに本格参戦

 日産ワークスだった国さんは、同僚の黒澤元治選手や北野 元選手、長谷見昌弘選手などがプライベートチームから全日本F2000選手権や富士GCシリーズに参戦するようになったのを追いかけるように、1974年には富士GCシリーズへレギュラー参戦を始め、翌75年には全日本F2000選手権にスポット参戦でデビュー。76年以降は両シリーズにフル参戦するようになりました。当時、この2シリーズに参戦して活躍することがトップドライバーの証とされていました。

 日産ワークスでその実力は折り紙付きだったものの、70年代に入ってワークス活動が市販モデルをチューニングしたツーリングカーやGTカーに制限されてしまいます。活躍の場が限られていた国さんは、この両シリーズに参戦し、いきなりトップ争いに加わったことで、名実ともにトップドライバーであることを証明する格好となりました。

 ちなみに当時の国さんの成績を紹介しておくと、74年の富士GCではデビュー2戦目には早くも優勝を飾り、全5戦中1戦をパスしたもののシリーズ4位。翌75年は2ヒート制となった開幕戦で高原敬武選手と1、2位を分け合い、最終戦でも優勝し高原選手に次ぐシリーズ2位につけていました。

 また当時の国内トップフォーミュラのF2000では本格参戦となった76年シーズンに早くも表彰台の一角を奪うと、翌77年には2回の優勝を含めて全8戦中6戦で表彰台を奪い、残る2戦も4位入賞、とコンスタントに上位入賞を続けていました。有効ポイント制でチャンピオンは星野一義選手に譲る格好となりましたが、総獲得ポイントでは星野選手に15ポイントの差をつけてトップという大活躍を見せていました。

【関連記事】【シンガポールGP現地速報】F1は投資家が集まる「ビジネスの出会いの場」だった!

2019年の東京オートサロンでのトークショー画像はこちら

ヨコハマタイヤの開発ドライバーとしても貢献

 それまでグループ6に則ったオープン2シーターのレーシング・スポーツカーで戦われていた富士GCシリーズは、1980年に車両規則が変更され、Can-Amと同様にシングル・シーターの参加も認められるようになりました。これを機会に国さんはロイスRM-1をドライブすることになります。これはF2用のシャシーに単座オープンのスポーツカーカウルを被せたマシンで、解良喜久雄さんと由良拓也さんの共作で出来上がったものでした。

 それを国さんがドライブして圧倒的な速さを見せつけたために、由良さんの「ムーンクラフト」で製作するムーン・クラフト・スペシャル(MCS)の第二世代モデルMCS2以降も同様に、F2用のシャシーにカウルを被せるマシンづくりが一般的になっていきました。

富士GCでのMCS V画像はこちら

 また、それまでダンロップタイヤで走ることの多かった国さんですが、80年からF2に、82年から富士GCにタイヤ供給を始めた横浜ゴムと契約し、開発ドライバーを務めることになりました。国さんは、高橋健二選手とともに上位で戦えるタイヤを開発するべく奮闘。3シーズン目となった82年の全日本F2では、シリーズ2戦目の富士で健二選手がヨコハマタイヤに初優勝をもたらします。一緒に開発してきた健二選手の優勝を、まるでわがことのように喜んでいた国さんでしたが、翌年の富士では健二選手と1-2フィニッシュを決め、横浜ゴムのスタッフとともに喜びを爆発させていました。

1982年のF2画像はこちら