高品質なのに低価格! 実車並みのリアルな再現度! 大人がどハマリするミニカーの進化ぶりがハンパなかった (1/2ページ)

高品質なのに低価格! 実車並みのリアルな再現度! 大人がどハマリするミニカーの進化ぶりがハンパなかった

静岡ホビーショー2022に出展された完成形ミニカーに注目した!!

 3年ぶりに有観客で行われ、大盛況で幕を閉じた静岡ホビーショー2022。会場にはプラモデルやRCカーなどを中心に、80社以上がブースを出展。本稿では会場で目を惹いた完成形ミニカーをピックアップ。高品質ながらリーズナブルなモデルカーからチョロQのカーフィギュアなどに注目した。

1/43サイズの’80年代ネオクラモデルカーが手軽にコレクションできる

出展社名:国際貿易/イクソ&ノレブジェイ

 飾るスペースや集めやすさを考慮すると、完成形ミニカーでは1/43サイズが主流となっている。しかし近年は価格が上昇傾向にあり、相場価格は1台が8000円〜1万円台に。よほどのミニカーコレクターではない限り、手が出しづらくなってしまった。そんななか1/43サイズでは破格の3580円(税込)で販売しているのが、オモチャの輸入商社である国際貿易がプロデューサー的な立場となって取り扱っている「First43シリーズ」や「NOREV J」である。

 前述した通り、国際貿易はプロデューサー的な存在。First43はミニカー界ではおなじみの「ixo」(イクソ)などを手がけるマカオのPCT社傘下のブランドであり、「NOREV J」(ノレブジェイ)はフランスの老舗モデルカーブランドが製造を担当している。よって値段が安いからといって、クオリティが低いわけではない。

【関連記事】レクサス「IS」の魅力を再検証! 大幅改良のポイントと価格据え置きの秘密まで解説

ノレブジェイのミニカー画像はこちら

 国際貿易の矢田誉社長は、破格の値段で展開する意義を以下のように語った。

「これからミニカーを集める人に向け、登竜門的なダイキャスト製ミニカーを作りたい想いがありました。1万円なら休日家族サービスの値段になってしまいますが、ちょっとした飲み代を1日我慢する価格帯なら絶妙だと思い、3580円(税込)で設定させて頂いています。4000円を超えるなら辞める覚悟です」ファースト43のミニカー画像はこちら

 車種は1980年代のネオクラシックカーを中心とした顔ぶれだが、スズキ・マイティボーイやホンダ・バモス(1970年)といったコアなファンを持つクルマも取り揃えている。各車のボディカラーは、CMやカタログに掲載されたイメージカラーを設定。そのほか、自動車博物館での販売も考慮している。例えば、マツダミュージアムに展示されているロードペーサーのボディカラーはライトグリーンなのだが、First43では展示車両と同色のロードペーサーを用意。こうすることで、博物館での展示車両を見て脳裏に焼き付いたイメージを、お土産として購入できるというわけだ。

 First43やNOREV Jは、気軽にミニカーコレクションを楽しみたい人はもちろん、クルマ好きになるきっかけをも与えてくれる、魅力的な商品だと言えるだろう。

コレクターからの厚い信頼に応えてくれる職人技の仕上げに注目

出展社名:Make Up Co., Ltd./メイクアップ

 レジン製のミニカーは透明感ある艶やかな質感が特徴で、細かい造形を出すことも可能。一方、経年劣化の影響で縮みが出てしまう弱点もある。そんなネガティブな要素を製造段階から払拭しているメーカーが、メイクアップだ。最大の強みは、自社工場を所有していること。小ロットの生産で、レジンモデルの弱点を想定したパーツの製造ができるので、再現性が高いミニカーを作るうえで融通が効くのだという。メイクアップのミニカー画像はこちら

 また、メイクアップでは塗装段階でもこだわりを持っている。同社ではグループCカーやツーリングカーを手がけており、デカール部分にウレタンクリアコート(=クルマで例えるとコーティング)処理を実施。ただクリアコートを塗ると、表面張力で塗装したデカール部分がデコボコしてしまう。こういった影響を想定して、造形レジンの下地処理から塗装までの各段階で、手磨き作業が行われている。こういった気遣いが細い造形を再現したミニカー製作につながっており、コレクターからは絶大な評価を得ている。新型フェアレディZ・プロとスペックのミニカー画像はこちら

 そんなメイクアップからは、新型フェアレディZのミニカーを多数展示。プロトスペックや右ハンドル仕様に加え、東京オートサロン2022で披露された “カスタマイズプロト”の開発にも着手していることが明かされた。カスタマイズプロトは、伝説の名車“432-R”のオレンジを新型Zに施したモデル。静岡ホビーショーの会場では、新型Zの新商品や試作品を展示するメーカはあったものの、カスタマイズプロトのミニカーを展示したのはメイクアップだけだった。開発者も「実車自体のデザイン性が高いので、ミニカーとしても作り甲斐があります」とのこと。最終形態はどうなるのか、非常に楽しみなモデルだ。