インプレッサ22Bが現代に復活! 25台限定7360万円で発売されるプロドライブP25がグッドウッドで披露 (1/2ページ)

インプレッサ22Bが現代に復活! 25台限定7360万円で発売されるプロドライブP25がグッドウッドで披露

この記事をまとめると

  • プロドライブから25台限定で「P25」が登場
  • 7360万円という驚きのプライス
  • カーボンパーツを使用し軽量化にも徹している

プロドライブの最新技術が投入されたモデル

 往年のレース、ラリーで活躍したレジェンドマシンたちがデモランを行ったり、レアな高性能スーパーカーが初披露されるなど、世界のモータースポーツエンスーにはたまらない恒例のイベント「フェスティバル・オブ・スピード」がイギリスのウェスト・サセックス州のグッドウッドで6月23日から開催される。

 ヒルクライムやラリーのコースなどもある広大な会場だけに、参加車両もゆうに100台を超える大盛況イベント。エントリーリストを見ても、メインパドック、カテドラルパドックなどにアウディ・クワトロS1、ルノー5ターボ、日産240RS、フォードRS200などグループBマシンも。クワトロS1のドライバー欄にはWRCチャンピオンのレジェンド・ドライバー、スティグ・ブロンクビストの名がある。

【関連記事】キャディラックの次世代EVが見えた! 「セレスティック」でラグジュアリー路線復権なるか!?

スティグ・ブロンクビスト画像はこちら

 ランチア・ストラトス、ランチア 037や、1969年製のランチア・フルビアHFなど、レジェンドマシンが目白押しだ。ラリー・パドックには、1991年製スバル・レガシィRSでコリン・マクレーの弟、アリスター・マクレーが参加するとある。

 そして、このフェスティバル・オブ・スピードに25台限定生産のプロドライブP25が姿を現すとのニュースが5月にあったが、開幕間近、その詳細がさらにリリースされた。プロドライブP25画像はこちら

インプレッサ22BといえばWRCで強さを見せつけた伝説のマシン

 スバルが世界ラリー選手権にシリーズ本格参入を始め、ついに世界チャンピオンに輝いたのが1995年。

【関連記事】キャディラックの次世代EVが見えた! 「セレスティック」でラグジュアリー路線復権なるか!?

スバル・インプレッサWRカー画像はこちら

 その後3連覇を果たした1997年のマシン、それがスバル・インプレッサ22Bをベースとするワールドラリーカー(WRカー)だった。スバルSTiバージョンとして市販車最高峰と評された22Bだが、スバルのWRC活動の歴史的快挙を遂げてからの25周年を記念して、そのWRカーを作り上げるヨーロッパの拠点であったプロドライブが、今度は限定25台の「P25」を市場に放ってきたのだ。スバル・インプレッサWRカー画像はこちら

 その価格は46万ポンド! 付加価値税(VAT)税抜きだが、円安の為替相場の現状1ポンド=160円として7360万円ほど、希少価値そのものの価格である。もちろん、プロドライブだからこそ創造できるモータースポーツ競技フィールドで立証してきたノウハウ満載のレアものだ。プロドライブP25画像はこちら

 当時WRカーとしてプロドライブが作り上げた競技車すらわずか424台、競技規則に則り磨きあげた4WDターボは、2ドアバージョンのボリュームアップした風情でいまだ最高峰にあるという象徴的存在感も衰えてはいない。それが25台の限定車として公道を闊歩するスーパーカーとして再現されたわけだ。

 もちろん25年前からさらに進展している、プロドライブが持つ現在の技術がすべて注ぎ込まれているという。歴史的インプレッサWRカーと同じオリジナルシャシーがプラットフォームだが、ボンネット、ルーフ、トランク、リヤウイングと至るところカーボンコンポジットを用いて高強度かつ軽量化され、車重は1200kgに満たない。プロドライブP25画像はこちら

画像ギャラリー