本当にキャンプに行ける? 意外と使える軽カーとコンパクトカー5選 (2/2ページ)

広々ラゲッジや技アリ収納をもつ「ホンダN-WGN」

 一方、軽自動車ではこれまでスズキ・ハスラーやダイハツ・タフト、ウェイクなどのクロスオーバーモデル、あるいはホンダN-BOXのようなスーパーハイト系ばかりを紹介してきた。だが、例えばホンダNシリーズのハイトワゴン、N-WGNだってセンタータンクレイアウトを生かし、ラゲッジルームを上下2段で使え、ボードを外せば天井高1060mmものラゲッジスペースにアレンジ可能だ。

【関連記事】トヨタ「ハイラックス」のキャンパーで「アメリカ放浪」に挑戦! 3度目のチャレンジでなぜ日本車を選んだのか?──米国放浪バンライフ:Vol.01

N-WGNの外観画像はこちら

 後席下にリヤシートアンダートレーが全グレード標準装備され、傘などの長物から、アウトドアやキャンプで濡れたもの、汚れたものの一時収納にもうってつけ。荷物の積載力はワゴンを謳うだけあって、優秀なのである。

N-WGNの後席下の収納画像はこちら

収納スペース充実の先代「ダイハツ・ムーヴキャンバス」

 VWバスをモチーフにしたムーヴ・キャンバスも、ストライプカラーになるとそのオシャレなバス感あるルックスからして、アウトドア向きだ。TVCMだって湖畔のキャンプである。荷物スペースは車内の至る所にあり、後席には「置きラクボックス」なる物入まで完備。

ムーヴキャンバスの外観画像はこちら

 ターボ車がないのでロングドライブの快適性は微妙だが、比較的近距離移動のアウトドア、キャンプにはうってつけだろう。軽自動車にして1-2列目席フラットアレンジ=ロングソファモードで、リラックスタイム、仮眠、車中泊にも対応できたりする。

キャンバスのシートアレンジ画像はこちら