空冷ポルシェ「911」が1億8000万円!! ワンオーナーだった「ナナサンカレラ」が高額落札された理由とは (1/2ページ)

空冷ポルシェ「911」が1億8000万円!! ワンオーナーだった「ナナサンカレラ」が高額落札された理由とは

この記事をまとめると

  • ワンオーナーの「911カレラRS 2.7」がオークションに出品された
  • 「911カレラRS 2.7」は「ナナサンカレラ」と呼ばれている
  • 落札予想価格を大幅に上回るプライスで落札

空冷911のなかでも特に人気の高い「ナナサンカレラ」とは

 2022年4月に発表されたポルシェ「911クラブスポーツクラシック」のルーツともいえるのが、1973年に登場した「911カレラRS 2.7」である。この通称「ナナサンカレラ」と呼ばれる1台がオークションに登場。驚きのプライスで落札された。

901型はもはや高嶺の花の存在に

 ポルシェ911は、年式を問わず人気が高いモデルである。その人気を保ち続けた大きなポイントは、911がつねにその時代で最高の走りを提供してきた、ということが挙げられるだろう。

 初代911は、1964年から生産を開始し「901型」と呼ばれる。この901型は、求められる機能を実現するため、エンジンや駆動系、サスペンションなど、さまざまな進化をしながら1977年まで、13年にわたってつくり続けられた。2代目となる「930型」も、生産中止となる1989年まで、やはり進化をし続けて、つねに最高峰の存在であり続けた。

 その後1989年には「964型」、そして1993年には「993型」がデビューをし、1997年には伝統の空冷エンジンが水冷エンジンへと変更された「996型」が発表されたが、その人気の高さは変わらず、その後、「997型」、「991型」、そして現行モデルの「992型」が販売されているが、どのモデルもその時々の、最高クラスのスポーツカーである。クルマ好きならだれでも、一度は所有してみたい、と思えるモデルのひとつ、と言っていいだろう。

【関連記事】1000万円以下で泥沼フェラーリ生活!? 素人が手を出してはいけない4座フェラーリ「365GT4 2+2」とは

「M471ライトウェイト」コンバージョン

 そんなポルシェ911の中で、ひときわ人気が高いのが、901型の中でも1973年にのみ生産された「911カレラRS 2.7」、いわゆる「ナナサンカレラ」である。

 この911カレラRS 2.7は、FIAグループ4GTのために開発されたホモロゲーションモデルである。ベースとなっているのは「911S 2.4」というモデルだが、その2.4Lエンジンを元に、シリンダーのメッキを変更するなど大幅に手を入れて、排気量を2.7Lへと拡大。出力を210ps/6850rpm、トルクを26.0kg-m/5600rpmとしている。

 さらに、そのパワーを受け止めるべく太くしたタイヤを収めるため、リヤフェンダーを拡大しているが、ボディの鉄板を薄肉化したり、FRP製バンパーの採用、薄型ガラス採用などで軽量化を実現。ファクトリーオプションとなっていた「M471ライトウェイト/ライトウェイトスポーツ」では960kg、「M472ツーリング」でも1075kgという車重を実現している。

 生産台数は、当初はホモロゲーション要件である500台の予定だったが、発表と同時に注文が殺到し、最終的には1580台が生産されている。

画像ギャラリー