キャンプ場で「ロッキー&ライズ」が増殖中! アウトドア派も唸るパッケージングを検証する (1/2ページ)

キャンプ場で「ロッキー&ライズ」が増殖中! アウトドア派も唸るパッケージングを検証する

この記事をまとめると

  • 大ヒット中のコンパクトSUV「ロッキー」と「ライズ」
  • キャンプ場で見かける機会も増えている
  • アウトドア派に支持される理由を解説する

コンパクトなのに想像以上に荷物を積めるSUV

 トヨタ・ライズ、ダイハツ・ロッキーが大ヒットしていることは今さらの説明も不要だろう。トヨタとダイハツ合作のコンパクトクロスオーバーSUVとして2019年11月に発売され、直後の2020年1/2月には乗用車販売台数No.1を獲得。定番、そして勢いに乗っていたトヨタ・カローラ、日産ノートを退けての快挙でもあったのだ(2020年1~6月期で乗用車販売台数1位)。

圧倒的コスパで浮いた資金をギアに突っ込める

 もちろん、空前のSUVブームの最中だから、街乗りクロスオーバーモデルとして、ファッション的に選ぶ人も多いはず。だが、じつはロッキー、ライズともに、これまた空前のアウトドアブームのなか、コロナ禍もあってアウトドア人口が急激に増えたこともあり、アウトドア派からも大いなる人気を獲得しているのである。それもまた、ロッキー、ライズ人気を後押ししていることは間違いないところだろう。実際、アウトドアフィールドで、大型SUVやボックス型ミニバンとともに、ロッキー、ライズを見かける機会が増えている。

 では、ロッキーやライズが短期間で大ヒットした理由のひとつ、アウトドア派へのアピールはどんなカタチで実現したのだろうか。その答えはまず、車両価格にあるはずだ。ライズの場合、ガソリン車の実質的ベースグレードのガソリン車のG 2WDで185.7万円。トヨタ自慢のハイブリッドでもGで216.3万円。意外なことに、よりミニRAV4的エクステリアデザインを持つロッキーも1.2Lのガソリン車2WDで166.7万円から。動力性能に余裕ある1Lターボ4WDで194.5万円、ハイブリッド2WDでも211.6万円からという、リーズナブルな価格設定なのだ。

 アウトドアやキャンプを楽しむ人は、コロナ禍以降に激増しているが、アウトドアやキャンプ入門者となれば、アウトドア、キャンプ用品をイチから揃えなければならないわけで、そこにお金がかかる。そしてアウトドアに乗っていくクルマを、これまたイチから探すとなれば、やはり高額車は避けたいところ。よって、200万円前後で新車が手に入るロッキー、ライズに白羽の矢がたつことになるというわけだろう。

【関連記事】日産新型「エクストレイル」三菱「アウトランダー」が大本命!! アウトドアで最強の電動SUVとは?

ラゲッジ開口部の地上高が700mmと低めで荷物の出し入れもラク画像はこちら

画像ギャラリー