軽カーが事故に強くなったのは本当? 衝突実験で実際に見た安全ボディとは (2/2ページ)

最新の軽自動車であれば安全ボディの強度や上級車と変わらない

 筆者はかつて、現行ホンダN-BOXの衝突実験の場に居合わせたことがある。対象車はホンダN-BOXと、車重比1.5倍のホンダ・インサイト。実験はどちらも50km/h。ラップ率50%(車体前方の半分同士が衝突する感じだ)での衝突。重要なことは、50km/hで走行するクルマ同士が正面から衝突した場合、相対速度は50km/h×2の100km/hに達するということになるという点だ。

 では、ホンダN-BOXとホンダ・インサイトをそうした条件で衝突させたらどうなるのか? 衝撃の凄まじさは衝突音の大きさからも理解できるのだが、ホンダ・インサイトのほうは衝突した場所からほとんど動かず、前を向いたまま停止。

【関連記事】「やるぜ!! 箱根ターンパイク2022」開催! 計画より8年前倒しで実現したパラモトライダーと一緒に走るツーリングに密着

今どきの軽自動車は安全画像はこちら

 一方、車重が軽く小さいN-BOXは一瞬、宙に浮き、回転した後に停止。恐る恐る衝突現場に近寄ってみると、インサイトのほうはボンネット部分片側が損傷していたものの、Aピラー以降はダメージがないように見え、フロントウインドウさえ割れていない。

 ここでの主題となるN-BOXの安全性能はどうだったのか。さすがにフロント部分の損傷度合いはインサイトを上まわり、フロントウインドウとAピラーの三角窓部分は割れていたものの、なんと、衝突した側の運転席フロントドアですら無理なく開けることができた(実際に開けさせてもらった)。さらにリヤスライドドアはオープナーを引くだけで、何事もなくスルスルとスムーズに開いたのである。ホンダのコンパティビリティ対応ボディの優秀さを直視した瞬間だったというわけだ。

 このように、最新の軽自動車であれば、ボディの強度や上級車と変わらない安全装備、機能によって、かつての軽自動車とは別物の安全性能を備えているほどだ。さらに日産デイズ、ルークス、サクラなどがそうであるように、車載通信機の搭載で、高級車さながらのエアバッグ連動型SOSコールなども用意され、”つながる安心”では下手なコンパクトカーや上級車を上まわるケースさえあるのである。

* * *

 予算には限りがある、しかしより安全で安心できるクルマが欲しい……というなら、軽自動車も十分、選択肢、候補に挙げられる時代と言っていい。スバルのアイサイトのデータが示すように、衝突軽減ブレーキの搭載(義務化)によって追突事故は減っているし、踏み間違え抑制機能でついうっかりの衝突事故も防げるはず。だが、どんなクルマであれ、絶対の安全はない。あくまで慎重かつ安全運転を心がけていただきたい。