ランボルギーニから広まったフォージドカーボンとは? 気軽に愛車に取り入れる方法をお教えします (1/2ページ)

ランボルギーニから広まったフォージドカーボンとは? 気軽に愛車に取り入れる方法をお教えします

カスタマイズ業界にも、フォージドカーボンの流れが押し寄せる

 カーボンコンポジット(CFRP)は、金属素材に比べて高強度で軽量であることから、モータースポーツでは早くから取り入れられ、スーパーカーやスーパースポーツの世界ではボディパネルはもちろん、モノコックにも広く使われる素材だ。カーボンクロスの編み方(平織りや綾織り)によっても表情が異なり、レーシーな雰囲気を演出することができるため、1990年代後半あたりからカーボンパーツやカーボン柄のアイテムが流行した。

 そもそも軽量であることが大きな特徴となるカーボンなので、カーボン(ルックも含めて)のサイドミラーカバーやセンターコンソールパネルを装着したとしても、むしろ重量増になるだけで本末転倒であることは百も承知。それでもレーシーな雰囲気に仕立てたくて装着したという人も多いだろう。

 この気軽に愛車をレーシーに仕立てることができるカーボン柄に新たなムーブメントが起こっている。それが、フォージドカーボンだ。金型にカーボンファイバーをランダムに押し詰めることから、同じ模様の仕上がりがふたつとしてなく、美しいマーブルのような柄が特徴だ。これまでの平織り・綾織のカーボンとは違い、高級な雰囲気を漂わせているため、レーシーとは違う路線でのカスタムにも採用されている。

【関連記事】『ワイルド・スピード』で一大ブームになったスポコンはミニバンにも! ホンダ「オデッセイ」スポコン仕様で振り返るカスタム術とは

フォージドカーボンカスタマイズ  フォージドカーボンは、自動車業界ではカウンタックの時代からカーボンファイバーの研究をしているランボルギーニがいち早く製品化を実現(ランボルギーニでは「フォージド・コンポジット」の商標で登録されている)。「ウラカン・ペルフォルマンテ」では内外装にフォージド・コンポジットのパーツが奢られていた。

 最近ではファッションアイテムなどでも取り入れられていて、クラッシュカーボンやコンポジットカーボン、チョップドカーボンとも呼ばれることもある。ウラカン・ペルフォルマンテに採用されたあと、欧州のチューナーに始まり、最近では日本のチューナーもハイパフォーマンスカーなどに対して徐々にフォージドカーボンのパーツを提供しつつある。ツヤあり、マット仕上げの両方が存在し、どちらもスポーティながらもプレミアム感が高い印象である。では、愛車にフォージドカーボンをどのようにして取り込めばいいのだろうか。

本物だけが持つ圧倒的な存在感

 まず、本物のフォージドカーボンのパーツを装着するという正攻法がある。ボンネットやエアロ、さらにドアミラーカバーなどの小物もリリースされるようになった。

【関連記事】『ワイルド・スピード』で一大ブームになったスポコンはミニバンにも! ホンダ「オデッセイ」スポコン仕様で振り返るカスタム術とは

セルフィッシュ・CX8・ボンネット

 本物のフォージドカーボンの奥行を感じる造形や光の当たり方は独特。表層部にコーティングされたクリアの輝きと相まって美麗なルックスを誇る。ただし、エアロパーツなどは車種専用品となるため、設定されていない他車種への流用は物理的に不可能。そして、フォージドカーボンはコストがかかるだけに、高額にならざるを得ないというマイナス点もある。