「リバウンドストップ」ってなに? 「ハイエース」「キャラバン」を快適な乗り味にするウレタン製パーツの正体とは (1/2ページ)

「リバウンドストップ」ってなに? 「ハイエース」「キャラバン」を快適な乗り味にするウレタン製パーツの正体とは

箱車乗りしか知らない激レアパーツ
「リバンウンドストップ」とは何モノ?

 サスペンションにはさまざまなパーツが組み込まれ、それぞれのパーツが正しく働くことで総合的な性能を引き出している。ショックアブソーバやスプリングなどは足まわりをチューニングする際に目に付く代表的なパーツだが、目立たないけれどいい仕事してる縁の下の力持ち的なパーツもあるので紹介したい。なかでももっとも知名度が低いのがリバウンドストップ(リバンプストップ)ではないだろうか?

バンプストップは縮み側、リバウンドストップは伸び側を規制するもの

 バンプストップはクルマが大きく沈み込んだ(バンプ)際にアームの周辺部への接触や、タイヤ&ホイールがタイヤハウス内に接触するのを防ぐためのストッパーとしての役割を持つパーツだ。もちろん純正採用されているのだが、足まわりをチューニングした際に社外パーツへと交換するケースも多い。素材にはウレタンなどの強度と柔軟性(弾性)を両立した素材を使うことで、ロワードしたクルマの乗り心地を改善するためには重要なパーツとなっている。

 そんなバンプストップに対して、リバウンドストップはその名の通りリバンプ(サスペンションの伸び側)に効くストッパーなのだ。つまりサスペンションが伸びきり限界を超えると、アームが周辺パーツに干渉したりショックの伸び側限界値を超えてしまう。そこで取り付けられているのがサスペンションの伸び側の動きを制御するリバウンドストップだ。バンプストップ同様にウレタンなどの素材で作られてるパーツだが、ロワード時にはバンプストップ同様に欠かせないパーツとなっている。

商用車のジャッキング現象を解消する働きは大きい

 このリバウンドストップがアフターパーツとして用意されている代表的な車種は、トヨタ・ハイエースや日産キャラバンだ。両車はフロントサスペンションにダブルウィッシュボーン+トーションバースプリングを用いており、これがリバウンドストップを必要とする構造なのだ。同パーツを交換するケースはロワード時で、トーションバーはねじる方向でバネの力を発生させているため、ロワードする場合にはトーションバーを緩める(バネレートを落とす)ことになる。

 その際に問題となるのが急旋回時(コーナリング時)に発生するジャッキングによって、トーションバーやトーションバーを調整するアンカーカムが遊んでしまう現象だ。これを防ぐためにはサスペンションの伸び側ストロークを抑制するリバウンドストップが必要になり、純正のリバウンドストップに対してより全長の長いリバウンドストップを取り付けることで、伸び側のサスペンションアームの動きを規制する役割を持つ。

リバンプストッパー
画像はこちら ノーマルと過度なローダウンのジャッキング現象の比較

 また、もうひとつのポイントはロワードに合わせてショートタイプのショックアブソーバを取り付けているケースで、リバウンド側の動きが大き過ぎるとショックアブソーバの伸び側の限界値を超えてしまう可能性もある。そこでショックアブソーバのトラブル対策としてもリバウンドストップの交換が必要になるのだ。