昭和のバギー・ブームの元祖「メイヤーズ・マンクス」どうして「デューン・バギー」のベースはVWビートル? (1/2ページ)

昭和のバギー・ブームの元祖「メイヤーズ・マンクス」どうして「デューン・バギー」のベースはVWビートル?

大きなおもちゃのようなバギーは玩具・模型の世界でも大人気

 クルマのボディ形態の分類は、馬車に範をとった名称が多い。セダンやワゴン、クーペ、カブリオレなど、いずれも馬車由来だ。そしてバギーといえば、もともとは一頭立ての小さな馬車をそう呼んだのだが、いまや乳母車やゴルフ場のホール間の移動に使う小さな乗り物もまとめて「バギー」である。そして今回のお題は、1970年前後に北米を中心に爆発的に流行した「デューン・バギー」のお話だ。

VWビートルのシャシーにFRPボディを架装した軽量バギー

 1960年代初頭にカリフォルニアでボートの製造に携わっていたブルース・F・メイヤーズ。彼がそのFRP造形の技術を活かして作ったのが「メイヤーズ・マンクス」だ。この種の乗り物を総称して「デューン・バギー」、あるいは「サンド・バギー」などと呼ばれることからも分かる通り、このメイヤーズ・マンクスも、もともとは砂丘や砂漠などで行われるレースのために作られたものである。

 トラクションに優れるRRのフォルクスワーゲン・ビートルのシャシーをベースにショートホイールベース化、そこにオリジナルのFRP製軽量ボディを架装し、オフロード用の低圧タイヤを履かせたというのが、メイヤーズ・マンクスの成り立ちだ。今回の主役として登場願った2台のメイヤーズ・マンクスのミニカーは、フランスはソリドの1/18モデル。

【関連記事】ついにEVで復活する「ハマー」! デカすぎるSUVはなぜ日本で売れまくった? 常識を打ち破った功績とは

世界的なブームとなった「デューン・バギー」の元祖「メイヤーズ・マンクス」画像はこちら

砂漠レース向けに生まれレジャービークルとして若者にヒット

 メイヤーズ・マンクスの最初のプロトタイプが完成したのは1964年のこと。メイヤーの会社「BF Meyers & Co.」は1965年からマンクス・バギーのキットの販売を開始した。やがてマンクス・バギーは1967年にはNORRAメキシカン1000ラリー(バハ1000の前身)で優勝するなど、その狙い通りに各地のオフロード・レースで好成績を収め、その認知度を高めていった。

 また、オフロード・レースの世界にとどまらず、既存の自動車メーカーからは決して生まれないユニークな「レジャービークル」としても若者を中心に大きな支持を得て、1971年までの間に約6000台が生産された。大衆実用車のコンポーネンツを巧みに活用してスポーティな趣味の乗り物を生み出すという手法は、あのロータスやアルピーヌにも通じるものがある。

世界的なブームとなった「デューン・バギー」の元祖「メイヤーズ・マンクス」画像はこちら