「カウンタック」のライバル「フェラーリBB」に27台のみの伊達男仕様があった! ファッションブランドとコラボした内装とは? (1/2ページ)

「カウンタック」のライバル「フェラーリBB」に27台のみの伊達男仕様があった! ファッションブランドとコラボした内装とは?

カウンタックのライバルとは

 2022年も8月中旬に北米カリフォルニア州モントレー半島一円で開催された「モントレー・カーウィーク」における最大規模のオークション、RMサザビーズ「Monterey」では素晴らしいクラシックカー/コレクターズカーたちが続々と出品・落札された。とくに今回はフェラーリの豊作ぶりが目立ったように見えたが、そんな中きわめて希少、そして魅力的なインテリアを持つ「512BBi」が出品されたので紹介しよう。

スーパーカーブーム「西の横綱」の最終進化版とは?

 極東の我が国で、かの「スーパーカーブーム」が湧き起こったのとほぼ時を同じくする1976年にデビューを果たしたフェラーリ「512BB」は、同時代のランボルギーニ「カウンタックLP400S」とともに、スーパーカー界の東西横綱の一角として君臨。

 そして1981年には、BBとしての最終進化版というべき「512BBi」が登場したことによって、512BBとともに歩み始めたフェラーリのマイルド&コンフォータブル路線は、さらに押し進められることになる。

【関連記事】33年で77万キロ走破! 新車で買ったトヨタ「ランドクルーザー70」を今も毎日乗り続けるオーナーに聞くランクルの魅力とは

フェラーリ「512BBi」

 4943ccのボクサー12ユニットには4基のトリプルチョーク・ウェーバー気化器に代わって、新たにボッシュKジェトロニック型インジェクションが組み合わされる。しかし、360psを標榜していた512BBからは20ps、さらに365GT4/BB時代からはじつに40psの低下となる340psまでディチューンを余儀なくされた。

 これによってメーカー公表のマキシマムスピードも、希望的観測とカウンタックへの対抗意識が込められていた365/512BBの「302km/h」から、かなり現実的な「280km/h以上」という数値に初めて落ち着くことになった。

 ちなみにアメリカでは、排ガス規制のためにヨーロッパ向けモデルがそのまま並行のかたちで輸入されたが、少数の輸入枠を認める合衆国連邦政府の公式プログラムにより、アメリカでの購入者の輸入手続きは緩和されることになった。

 512BBiは1984年に後継車「テスタロッサ」に取って代わられるまで、わずか1007台(ほかにも諸説あり)しか製造されなかったものの、1970年代初頭のスポーツカー耐久レースで活躍した「512S」スポーツプロトタイプから輝かしいネーミングを継承した公道用スーパーカーとして、今なお多くの愛好家に愛されているのはご存じのとおりである。