クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • いすゞ初代「ピアッツァ」に追加メーター満載! DIYでポルシェ928用エアフロをDIYで装着した魔改造車でした
CLASSIC
share:

いすゞ初代「ピアッツァ」に追加メーター満載! DIYでポルシェ928用エアフロをDIYで装着した魔改造車でした

投稿日:

TEXT: 近藤浩之 PHOTO: 近藤浩之

  • 父親がNAのピアッツァだったため、ターボを選択

初代ピアッツァを自分でいじるクラブの集会で出会った1台

 いすゞ「ピアッツァ」の第1世代モデル(JR120/130)のオーナーを対象に開催されている「PIAZZA meeting」。2022年10月16日に朝霧高原もちやの駐車場で開催された26回目のミーティングから、気になるピアッツァとオーナーさんをご紹介しよう。

クラブの電気関係スペシャリスト

 そのピアッツァの周りをひと回りして室内を覗きこむと、ブースト計、水温計、燃圧計、空燃比計、エアフロ電圧計、インジェクターモニターなどの追加メーターの多さが目を引いた。1986年式のいすゞ・ピアッツァXS。追加メーターマニア? と思いきや、そこはやはり、自分でいじる系のオーナーの集まりとなる「PIAZZA meeting」、ちゃんとした理由があるようだ。

 オーナーの菅原一朗さんは、父親がピアッツァに乗っていた影響で、走行距離1万kmのターボモデルを購入。そしてピアッツァのオーナーズクラブ「SOP TECHNICAL CLUSTER」と出会って、沼にハマっていったひとりだ。電気関係の仕事をしている関係で、クラブでは電気関連のスペシャリストとして知られている。

ポルシェ928GTS用のエアフロを移植

 菅原さんが多くの追加メーターを付けた理由は、エンジンルームと運転席のシートの下にあるようなのだが、まずはエンジンルームの方から見てみよう。

 ボンネットを開けてみると、まだ仮設状態だというの遮熱用の段ボールで囲まれた一角が。それをめくってみると、クラブ代表の川端さんから譲ってもらったというポルシェ928GTS用100φのエアフロがセットされていた。当然、ポン付けでつくものではなく、菅原さんは電気関係の知識を活かして、ピアッツァの電圧に合わせるための専用の回路を作成。さらに微調整を行う必要があるため、室内にエアフロの電圧(調整)計が付くことに。

 次に車内へ移動すると、菅原さんは何やら運転席の下に手を入れ黒いボックスを引き出す。このボックス、じつはピアッツァよりも進化しているというJT型「ジェミニ」のECU。このECUに変えた(配線は工夫されている)ことで、インジェクターはピアッツァ純正の全気筒同時噴射から、グループ噴射/同時噴射に変更されることになり、それを確認するためにインジェクターのモニターをセット。そのほかのモニターも、エンジンの調整やモニター用に追加されることとなった。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS