はじめてのランボルギーニは「ウラカン」の中古車で間違いなし! 故障も少なく乗りやすいのがウケてます【真夜中のブローカー】 (1/2ページ)

はじめてのランボルギーニは「ウラカン」の中古車で間違いなし! 故障も少なく乗りやすいのがウケてます【真夜中のブローカー】

目指すは、日常で使えるスーパーカー

 伝説のブローカーと美女のセールスレディが、毎回注目の中古車をピックアップ。ふたりのトークを読めば、現在の中古車相場や購入ポイント、クルマの来歴までわかります。第5回目は、「ガヤルド」の後継となるランボルギーニ「ウラカンLP610-4」を紹介します。

アウディR8と兄弟車のウラカン

 東京ベイエリアに一軒のガレージがひっそりと建っている。このガレージの主は、かつて伝説のスーパーカーディーラーと呼ばれたブローカー。若き日には首都高アタックやゼロヨンで鳴らした猛者だったという噂もあるようだ。

 そんな彼の部下は、うら若きナゾの美女。彼女はクルマについてはまったくの素人ながら、ウンチクを垂れるばかりの社長の代わりに、天才的な営業センスと昭和&平成スタイルのトークで次々と入庫するクルマを売りさばいていく。

 さて今夜はどんなスーパーカー、あるいはプレミアムカーが入庫しているのだろうか……?

【関連記事】話題のレクサス「IS500 F SPORT」が1/43スケールのモデルカーに! 高性能セダンを手元に置いてみては?

ランボルギーニ「ウラカン」の現在の中古車相場

社長「お~い、俺のウラカンの引き取り済んだかい?」

美女「俺のじゃなくって、わが社の商品車です! っていうか、こんな夜遅くまでうら若き乙女を働かせるなんて……」

社長「……乙女はさておき、ウラカン、スタンダードモデルだけどけっこうイイだろう~?」

美女「ま、まぁ、そ、それはそうなんですけど……」

社長「デビューは2014年のジュネーヴモーターショーだから、もう8年前だし、そろそろ生産終了だけれども、いまだに古さはまったく感じさせない。もちろんランボルギーニのクオリティを大幅にアップしたガヤルドの後継車だから、良くて当然かもしれないんだけどね」

美女「見た目はアヴェンタドールっぽくて、ガヤルドとはけっこう違うけど、ガヤルドの発展型なんですか?」

社長「エンジンはガヤルドの後期型LP560-4と同じ、5.2LのV10。でも車名のとおり50ps増しの610psにチューンされてるな。0-100km/hの加速タイムは3.2秒。0-200km/h加速は9.9秒、最高速は325km/hまで出るそうだ」

美女「たしかに速さはガヤルドよりもひと回り上って感じしました。でも乗った時のスムーズな感じも、すごく進化した感がありますね」

社長「トランスミッションの変更が大きいだろうな。ガヤルドはシングルクラッチ式の2ペダル6速MT“eギヤ”だったけど、ウラカンはランボルギーニ式には“ドッピア フリツィオーネ”と呼ばれる7速DCTが搭載されているんだ」