クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 日本初!? フィアット「500X」をアゲ系カスタム! 骨太感マシマシのイタリアンSUVがカッコよすぎました
CUSTOM
share:

日本初!? フィアット「500X」をアゲ系カスタム! 骨太感マシマシのイタリアンSUVがカッコよすぎました

投稿日:

TEXT: 近藤浩之 PHOTO: 近藤浩之

  • ベースは2016年式フィアット500Xイエロークロス

おしゃれなSUVをリフトアップして個性派スタイルを実現

 2022年11月3日に開催された「さいたまイタフラミーティング2022 in吉見町」はその名のとおり、イタリア車&フランス車とそのオーナーのためのイベント。埼玉県・吉見総合運動公園を会場に約500台ものイタフラ車が集合して、オーナー車両の展示のほか、メーカーやショップなどのブース展示やフリーマーケットなども行われていた。今回は、ひときわ目立っていた黄色い「500X」のカスタム車両をご紹介しよう。

カスタムのベースに選んだのは「500Xイエロークロス」

 ひときわ目立つ、リフトアップされたフィアット「500Xイエロークロス」でイベントに参加していた我妻 涼さん。2015年10月に日本市場に導入されたコンパクトSUV「500X」の初の限定車として、2016年10月に140台限定で販売されたのが「イエロークロス」だ。9速ATに4WDが組み合わされた「クロスプラス」をベースに、ボディカラーは限定のイエロー、インテリアはブラウンのレザーを採用。さらにリアドアパネルラップインサートや18インチ専用ホイールなどを備えている。

リフトアップからオバフェンまでほぼ自身の手でカスタム

 我妻さんは、この500Xイエロークロスをベース車両として購入し、自身の手でアゲ系のカスタム作業を行っている。カスタムの内容は、目立つ部分だけを紹介してもテラフレックスのリフトアップキット+アイバッハのアップスプリングで計2.5インチ(約6.4cm)のリフトアップ(ショックはノーマル)、イタリアMISUTONIDのステンレス製ブルバー、イタリアのスポーツマフラーメーカーRGAZZONのマフラー、フェンダー加工も行ったオーバーフェンダー(ビス止め)、ルーフキャリア&ライト、サイドステップ、20インチのクリムソンのホイールなどとなっている。

 前記の通りこれらの作業をほとんど自身で行い、構造変更も受けているという。対してエンジン関係はエアクリーナーを交換した程度で、基本的にはノーマルだ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS