クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 予算100万円で選ぶ「ソロキャン用」のクルマとは? アウトドア好きが選んで失敗しない7台をお教えします
OUTDOOR
share:

予算100万円で選ぶ「ソロキャン用」のクルマとは? アウトドア好きが選んで失敗しない7台をお教えします

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: AUTO MESSE WEB

  • ホンダN-VANのフロントスタイリング

いま狙い目のソロキャン車を紹介

 最近、芸能人やお笑い芸人のユーチューブなどで、ソロキャンプ(以下:ソロキャン)がバズっている。ソロキャンとは、1人でキャンプに出かけることをいうのだが、もちろん、クルマがあると便利だ。

 そこで、ソロキャンに向くクルマを紹介したいのだが、大は小を兼ねるで、トヨタ・アルファードでもソロキャンは可能だが、それは最悪にもったいない使い方となる。

 ソロキャンならではの身軽さ、手頃さからすると、コンパクトカーや軽自動車で十分といえる。それもクルマ購入の予算を考えると、中古車でオッケーということになる。ここでは、予算100万円の中古車で、ソロキャンプにぴったりな相棒となるクルマを紹介したい。

ホンダN-VAN

 まずは、プロライクなソロキャン派向けの1台として、ホンダN-VANがある。軽商用車だから、税金、高速代も割安で、しかも荷室から後席、助手席までをフルフラットに倒せば、なんと全長2500mmを超えるベッド&お座敷スペースが出現。

 しかも、フロアはごく低く、室内高もたっぷり確保できるから、全長とともに天井高も軽自動車の室内とは思えない広さがあり、窮屈感など皆無。

 中古車市場の台数は、例えばN-BOXなどに比べ少ないものの、2018年式あたりが100万円前後で探すことができる。注意点としては、助手席、後席ともにかけ心地がプアだから、普段は家族で使う……といった用途には向いていないこと。

ホンダN-BOX/スズキ・スペーシア/ダイハツ・タント

 普段はファミリーカーとしても使うのであれば、軽自動車ならスーパーハイト系のN-BOX、スズキ スペーシア、ダイハツ タントなどがお薦めだ。室内の広さは圧巻で、後席はリビングルームのように使え、なおかつ前後席のフルフラット化で車中泊にも対応してくれるのだ。

 100万円の予算で大人気のN-BOXであれば、2018~2019年式ぐらいの比較的新しい中古車が手に入り、ホンダセンシングという先進運転支援機能も付いているから、ロングドライブも安心。

 タントのミラクルオープンドア車なら両側スライドドアが大きく開き(とくに左側)、アウトドアで後席がまるで風の抜けるテラス席のようにも使えて、キャンプシーンを一段と楽しいものにしてくれるに違いない。ここで、小さな軽自動車だとソロキャンとはいえ、キャンプ用品がしっかり積めるか心配……という声もでてきそうだが、さにあらず。

 あくまでソロキャン、1人での移動であれば、後席をフラットに格納することで、例えばN-BOXだと奥行1470mm、幅900mm、最低天井高1200mmものラゲッジスペースが出現するから、むしろ広すぎる! と感じるはずだ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS