クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • “ギア”感たっぷり! スズキ「ハスラー」にダイハツ「タフト」などアウトドアが楽しくなるオススメ軽カーを紹介します
OUTDOOR
share:

“ギア”感たっぷり! スズキ「ハスラー」にダイハツ「タフト」などアウトドアが楽しくなるオススメ軽カーを紹介します

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: 青山尚暉/AUTO MESSE WEB

  • ダイハツ・タフトのラゲッジスペース

いま大注目の軽自動車を紹介

 軽自動車でも、アウトドアシーンに似合い、楽しさが増幅するクルマがある。いや、それどころか、自宅の駐車場にあるだけで、アウトドアへの想いがふくらみ、アウトドアへのドライブが心待ちになる“ギア”感たっぷりの軽自動車まであるほどだ。

 とはいえ、スズキ・ジムニーのような本格SUVは、確かに悪路に強いものの、かなりマニアックな存在だ。普段使いもしやすく、そしてアウトドアで活躍してくれる1台と言えば、やはり軽クロスオーバーモデルではないだろうか。

スズキ・ハスラー

 その筆頭が、スズキ・ハスラーだ。アウトドア感たっぷりのエクステリア、ギア感あるインテリアデザインはもちろん、最低地上高180mm、4WDであればスノーモード、ヒルディセントコントロール、グリップコントロールまで備え、走破性は見た目からは想像もできないレベルにある。

 しかも、走行性能では乗り心地に関して、軽自動車トップレベルの快適性まであるのだから、遠路、アウトドアフィールドに向かうドライブも疲れない。さらに、前後席を使ったフラットアレンジで車中泊も容易である。

 純正アクセサリーのリラックスクッション=ロール状に収納できるマットレス(2枚1組2万5850円)や車外テーブルにもなるラゲッジボード、カータープ、カーテン&タープキット、ウインドウ内側全周を覆うプライバシーシェードなどまで用意されているから完璧だ。

スズキ・スペーシア ベース

 純正アクセサリーの話が出てきたところで、同アクセサリーが揃うスズキのもう一台の”ギア”感たっぷりの軽自動車と言えば、最新のスペーシア ベースだ。4ナンバーの軽商用車ながら、中身はスーパーハイト系の、ハスラーより室内空間に余裕があるスペーシア。

 フロントグリルはMC前のスペーシアカスタムそのもので、ルーフレールや撥水シートなどはスペーシアギア譲り。最低地上高は150mmと、乗用軽のスペーシアと変わらないものの、標準装備される荷室のマルチボードによって、車内をオフィスにしたり、椅子とテーブルによる“どこでもカフェ”にできる。

 もちろん、マルチボード下段+助手席背もたれ水平アレンジによって、最大フロア長(ベッド長)1740mmを稼ぎ出すことまでできるのだ。見方によっては、ハスラーより“ギア”感あるクルマになりうる今、大注目の1台だ。

ダイハツ・タフト

 ダイハツにも「楽しさマシマシ」になる“ギア”感たっぷりの軽自動車が揃っている。まずはタフトだ。キャッチコビーが「気分前進。ワクワクSUV」というだけあって、武骨なジープのようなエクステリアデザイン、アウトドアシーンにバッチリ似合うボディカラー、ギア感たっぷりのインテリアデザインなど、まさにアウトドアのための軽自動車ということになる。

 スズキにはない電子パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能まで備え、日常からACCを使ったアウトドアロングドライブまで、オールラウンダーとしての魅力たっぷりの1台。そんなタフトにさらなるギア感を付加したダーククロムベンチャーと名付けられた特別仕様車もある。

 しかも、最低地上高は190mmと余裕があり、FF/4WDを問わず、走破性はなかなか。全車標準のガラスルーフ=スカイフィールトップによって、車内から空が眺められ、青空はもちろん、アウトドアの夜、車内から星を見上げることだってできる才能も持ち合わせる。難点は乗り心地が硬く、段差でのショックがキツいことだが(見ての通りのボディのゴツさ=硬さが原因)、それに余りある魅力がある……と言えるかもしれない。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS