クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • アストンマーティン「ヴァルハラ」もお披露目! 英国車だけのラグジュアリーな「GBラリー」はスペシャルなコンテンツ満載でした
CLASSIC
share:

アストンマーティン「ヴァルハラ」もお披露目! 英国車だけのラグジュアリーな「GBラリー」はスペシャルなコンテンツ満載でした

投稿日:

TEXT: 奥村純一 PHOTO: 堀口邦彦/徳永茂/奧村純一

  • GBラリー1日目の2022年11月18日、ランチ後に富士スピードウェイ内で「PC競技」に挑戦

エリザベス女王の即位70周年を締めくくるラグジュアリーラリー

 エリザベス女王陛下の即位70周年「プラチナ・ジュビリー」を祝うべく企画された2022年の「THE GREAT BRITISH RALLY」(以下GBラリー)。女王の崩御を受けて、その追悼と新時代の英国への希望をコンセプトにあらため、新旧すべての英国車を参加対象として11月18日~19日に開催された。今回はPC競技をはじめとした各種競技とエントリー車の姿をご紹介しよう。

新旧の英国車がゲーム性の高い「PC競技」にチャレンジ

 11月18日の朝、東京都千代田区一番町にある駐日英国大使館を出発し、中央高速道路を経由して相模湖東ICから「道志みち」へと向かう新旧70台の英国車たち。ほどよいワインディングコースの視界には見事に紅葉した山々が広がる。そして山中湖を周回し三国峠へと駆け上がる途中には雄大な富士山を望む景色だ。きっと心に残る愛車との思い出となっただろう。

 富士スピードウェイ内の「富士レクサスカレッジ」にてランチを済ませたエントラント。いよいよ競技開始である。「PC競技」(Prove Cronometrate、別名・線踏み競技)とは、スタート地点とゴール地点にセンサーを設置し、設定タイムにいかに近く正確に走るかを競う、ヒストリックカーラリーの本場であるイタリア、ミッレミリアでも採用されているゲームである。

 この区間計測が連続した競技性の高いヒストリックカーラリーもあるが、今回は目を三角にしたラリーではなく、ラグジュアリーなツアーである。未経験者でも楽しめるように、パーキング内に設置したパイロンを外周し、気の済むまでチャレンジできるが、タイムが縮まらずに差が広がってしまった場合は悪い方が採用されるというルールでギャンブル性もあり、ゲームとして楽しめる内容となった。最新英国車で参加のエントラントも何度もチャレンジする光景も見られ、車種問わず楽しめるPC競技であった。

アストンマーティン「ヴァルハラ」最新プロトタイプも登場

 続いて行われるのはショートサーキットを使ってのタイムアタックであるが、アトラクションとして、葉巻型といわれる1960年代のフォーミュラーカーの愛好家によるデモンストレーションランも行われ、普段目にすることのないモーターレーシング黎明期のマシンの走行はエントラントを楽しませてくれた。

 30度バンクを背景に記念撮影の後、競技を終えたエントラントはオープンしたばかりの富士スピードウェイホテルへとチェックイン。ディナー前のアペリティフまでのリラックスした時間を過ごす。ミュージアムと一体となったフロアには男性はブラックタイ、女性はドレスで正装したエントラントたちが集まり懇談の時間だ。

 そしてホテルエントランスに置かれたユニオンジャックの旗に包まれたクルマの周囲が慌ただしくなったかと思うと、なんとアストンマーティン「ヴァルハラ」の最新プロトタイプのアンベールだ。同社初のプラグインハイブリッド車のサプライズによる盛り上がりのなか、ナイトステージが始まる。

 パーティー会場から眺められる中庭にはブルーとレッドのライティングに映し出された新旧のアストンマーティンが整列、エントラントを迎える。進行役はガイ・ペリマン氏、イギリス王室御用達であるロイヤルワラントが与えられたシャンパーニュ「ボランジェ」の乾杯で華やかなディナーが始まった。

 GBラリーのエントラントだけのスペシャルな夜はまだ続く。新装となった富士スピードウェイホテルに併設されている「富士モータースポーツミュージアム」のナイトツアーだ。わが国のモータースポーツ史はもちろん、黎明期のグランプリマシン、世界のシーンで活躍した各カテゴリーの日本製のマシンたち。質の高いコレクションを堪能し至福の時間を過ごした。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS