クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 「クラウン」より高額だった「コスモスポーツ」はデザインもエンジンも革新的だった! マツダの情熱を振り返ろう
CLASSIC
share:

「クラウン」より高額だった「コスモスポーツ」はデザインもエンジンも革新的だった! マツダの情熱を振り返ろう

投稿日:

TEXT: 青木邦敏(AOKI Kunitoshi)  PHOTO: 青木邦敏

ロータリーエンジンは軽量コンパクト高効率エンジン

 ドイツのバンケル博士によって理論が確立されたバンケル型ロータリーエンジンは、世界中で注目を集め、次世代の内燃機関として大きな期待が寄せられた。1950年初頭にバンケル博士が提案したロータリーエンジンは、まゆ型のケーシングの中をおむすび型のローターが回転するもので、それまで主流とされていたシリンダーとピストンによるレシプロエンジンに比べて、高いエネルギー効率を得られることが特徴だった。

 世界の多くのメーカーがこの次世代のエンジンに期待をかけ、生産にチャレンジした。だが、理論上は良くても、作ってみると難題だらけで、結果として実現は難しいとささやかれるようになった。

 国内でもトヨタやマツダが早くからこのエンジンの可能性に着目し、研究開発を行った。ロータリーエンジンは、レシプロエンジンと比べてピストンの往復運動がなく非常に滑らかな回転が特徴。しかしながら、実際に生産することになるとさまざまな問題が発生する。その解決策を模索するうちに国内ではマツダだけが唯一開発を進めた。

新車時の価格はクラウンよりも高い148万円

 1964年の第11回東京モーターショーのターンテーブルに、1台のスポーツカーが載せられていた。参考出品と記されたネームプレートには、コスモスポーツの名前と、ロータリーエンジン搭載の文字があった。そのエンジンは、まさに世界初となる2ローターのロータリーエンジン搭載車であった。

 その東京モーターショーの衝撃発表から3年後の1967年、世界に類例のないロータリーエンジン搭載の量産車としてコスモスポーツがデビューする。

 10A型ロータリーエンジンを搭載したコスモスポーツは、フロントにダブルウィッシュボーン、リアにリジットのサスペンションを持つFR後輪駆動のスポーツカーとしてデビューした。当時の価格は148万円、同じ頃、ホンダS800クーペが68万円、トヨタ クラウンスーパーデラックスが122万円の時代に、コスモスポーツの148万円がいかに高額であったか分かるだろう。

 それだけに、装備や仕上げはじつに上質で丁寧な細工が数多くされていた。例えばフルトリムの室内は、ブラックにカラーコーディネイトされ、ステアリンクホイールは高級ウッドの3本スポーク、大型の丸型メーター、バケットタイプのシートなど、それぞれのパーツのデザイン性も含めて高級スポーツカーとして十分な仕上がりの良さを誇った。

12

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS