クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • LIFE
  • 「バナゴン」でバンライフを実践する若者に遭遇! オレゴンの森のキャンプ場で初めて雨に降られました──米国放浪バンライフ:Vol.17
LIFE
share:

「バナゴン」でバンライフを実践する若者に遭遇! オレゴンの森のキャンプ場で初めて雨に降られました──米国放浪バンライフ:Vol.17

投稿日:

TEXT: 牧野森太郎  PHOTO: 牧野森太郎

  • カリフォルニアのシャスタ山を経由してオレゴン州へ。クレーターレイクを見たあとは州道138号を西へ

アメリカを気ままに放浪3カ月:35日目

 これまで2度にわたりアメリカを放浪してきた筆者。還暦を過ぎた2022年4月から7月にかけて、人生3度目のアメリカひとり旅にチャレンジしてきた。相棒は、1991年式トヨタ「ハイラックス」をベースにしたキャンピングカー「ドルフィン」。愛称は「ドル」。ロサンゼルスを出発して北上し、オレゴン州で「クレーターレイク国立公園」を満喫。さらに北を目指します。

知らない土地でもネットでスポットを検索できる時代

 インターネットを使えるようになって、とくに重宝した機能がある。日本でも同じものがあると思うが、「near me」検索である。たとえば「supermarket near me」と検索すれば、今いる場所の近くのスーパーマーケットを表示してくれる。同様に「ATM near me」「Starbucks near me」などが便利だ。

 クレーターレイク国立公園を終えて、オレゴン州道138号線を西に向かっていた。そろそろガスステーションがあるはずなのだが、なかなか現れない。一度地図で確認したが、一本道なので見落とすはずがないと思ってナビも設定しなかった。

 不安になってビューエリアで停車して、「gas station near me」で検索すると、すでに通り過ぎていることが分かった。138号から1本南に入ったリゾート施設の中にあったようだ。このまま進んでも、ガスステーションは数十マイル先までない。危うくガス欠になるところだった。

 検索をするために寄ったビューポイントで、フォルクスワーゲン「バナゴン・ウェストファリア」に乗るジェイク君に出会った。「ぼくも以前、バナゴンで旅行したんですよ」と話しかけると、気さくに応じてくれた。ナンバープレートはオハイオ。「ときどき、家に帰るけどね」といいながら、もう2年半も旅を続けているという。インターネットで仕事をしているというから、収入はあるのかもしれない。こういう半ノマドがけっこういるのだろう。

オハイオ州の地名に込められたネイティブ・アメリカンへの感謝

 州道138号は、ウンプクア・ナショナル・フォレストの中を走る。カリフォルニアはラテン系の地名が多いが、オレゴンはネイティブ・アメリカンのトライブ(部族)に由来する地名が目立つ。

 1776年7月4日、アメリカは13の植民地が集まって独立宣言をした。ちっぽけな新興国がヨーロッパの列強と伍していくためには、国土を広げる必要があった。それが西部開拓史である。

 1804年5月14日、西部開拓の使命を負ったルイス・クラーク探検隊が、期待を一身に背負ってミズーリ州セントルイスを出発した。「西部はどこから?」という素朴な質問には、セントルイスがあるミシシッピ川以西と答える。セントルイスには、探検隊出発を記念する大きなゲートウェイ・アーチが立っている。

 そのルイス・クラーク隊が太平洋にたどり着いた地点がオレゴン州だった。オレゴンのプライドは「ディスカバリー」だ。一行が使命を遂行できた背景には、ネイティブ・アメリカンたちの多大なる助けがあった。彼らはネイティブ・アメリカンへの感謝とリスペクトの意味を込め、多くの地名に彼らの名前を残した。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS