クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 最高速300キロを目指す新型「フェアレディZ」をトラストが開発中! ハコスカやS30Zの旧車部品も近々リリースする予定
CUSTOM
share:

最高速300キロを目指す新型「フェアレディZ」をトラストが開発中! ハコスカやS30Zの旧車部品も近々リリースする予定

投稿日:

TEXT: 藤田竜太  PHOTO: AMW編集部

  • 東京オートサロン2023に出展したトラストの「GReddy RZ34」

東京オートサロン2023にまったく異なる2台の最新「フェアレディZ」が降臨

 千葉県・幕張メッセで2023年1月13日~15日に開催された東京オートサロン2023に、トラスト(TRUST)は2台の日産RZ34「フェアレディZ」のデモカーを筆頭に、新旧フェアレディZ用のパーツを数多く出展した。

旧車向けの部署を立ち上げて幅広く展開していく

 RZ34用のサブラジエターのとなりには、Z32用のタービンキットやインタークーラーキット、Z33用のボルトオンタービンキットが並んでいた。

 トラストのスタッフは次のように解説してくれた。

「昨年Z34用のタービンキットをリリースしたあと、共通に使える部品もあったのでZ33のタービンキット(HRエンジン用)も開発しました。それとは別に国内外からどうしてもZ32用のパーツを作ってほしいというリクエストがあったので、今からテストしていくところです。狙いとしては純正+αの性能を、なるべくボルトオンに近い形で復刻できればと考えています。インタークーラーも純正のコアが手に入りにくい状況ですので、アップデートしたものを提供したいところです。

 じつはトラストは社内に、旧車向けの部署も立ち上げました。ハコスカやS30Zなどの部品開発にも着手しておりますし、平成初期のヤングタイマーの名車から、最新の車両まで幅広く展開していく予定です」

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS