クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 航続可能距離270キロ! EV商用バンが「エレモ」シリーズに追加。基本設計は「スープラ」と同じ「マグナ・シュタイヤー」です
CUSTOM
share:

航続可能距離270キロ! EV商用バンが「エレモ」シリーズに追加。基本設計は「スープラ」と同じ「マグナ・シュタイヤー」です

投稿日:

TEXT: 青山義明  PHOTO: 青山義明

  • アンヴェールにはセントロ・オートモーティブ社の上級幹部のケリー・チョウ氏も参加

電気自動車商用バンの新機種が登場

 国内初の商用EVメーカーであるHW ELECTRO(HWエレクトロ)が、東京オートサロンで新たな商用バンEVである「ELEMO(エレモ)」シリーズ3機種目の車両となる「ELEMO-L」を発表した。

 その会場にヴェールをかけられた車両はとても大きく見えたが、車両サイズ的には全長5457mm×全幅1850mm×全高2045mm。トヨタ「ハイエース」のスーパーロングよりも長いが、同ワイドボディよりも若干細く、標準ルーフとミドルルーフの中間の高さということになる。つまりハイエースクラスのEVバンが登場したということになる。

「ELEMO-L」の発表会では、このエレモシリーズの製造を手掛けるCENNTRO(セントロ)オートモーティブ社の上級幹部のケリー・チョウ氏も登壇し、HWエレクトロの蕭 偉城(ショウ・ウェイチェン)代表取締役社長とともにアンヴェールを行った。セントロ社はアメリカに本社を置き、電気商用車を専門に設計・製造を行う自動車会社であり、HWエレクトロのパートナーである。

 エレモシリーズはセントロ社の車両を日本仕様にしたもので、基本設計はオーストリアのマグナ・シュタイヤー社(GRスープラとBMW Z4の委託製造を請け負っている会社でおなじみであろう)である。パッと見、中国や韓国系の会社と思われがちだが、日本のメーカーである。2019年に設立されており、このシリーズの最初のモデルである「ELEMO」を2021年7月にリリース。続いて11月には、そのELEMOのショートモデルといえる「ELEMO-K」の販売を開始している。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS