クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 登場したばかりのトヨタ「ノア」&「ヴォクシー」が熱かった! 大阪オートメッセのモデリスタブースを振り返る【OAM 2023】
CUSTOM
share:

登場したばかりのトヨタ「ノア」&「ヴォクシー」が熱かった! 大阪オートメッセのモデリスタブースを振り返る【OAM 2023】

投稿日:

TEXT: 西川昇吾  PHOTO: 西川昇吾

  • 大阪オートメッセ2022のモデリスタブース

「第26回大阪オートメッセ2023」は2023年2月10日~12日に開催

 1997年から開催されている「大阪オートメッセ」は、クルマとカスタマイズを軸に例年20万人以上の来場者を誇る関西最大級のビッグイベント。2023年もインテックス大阪を舞台に、2月10日(金)~12日(日)の3日間にわたって開催されます。どのようなイベントなのか1年前の会場の雰囲気をご紹介。今回は、モデリスタ(MODELLISTA)のブース展示を振り返ります。

発売直後の新型「ノアヴォク」をさっそくカスタム

 2022年1月に登場したトヨタの新型「ノア」&「ヴォクシー」。トヨタ車のカスタマイズパーツを手がけるモデリスタでは、登場と同時に両モデルの専用パーツを発表。大阪オートメッセ2022では、モデリスタのアイテムをフル装着したノアとヴォクシーが展示されました。

新型ノアは「Brand new Elegance」

 ノアのモデリスタ仕様のコンセプトは「Brand new Elegance」。フロントフェイスを見るとワイドに伸びたメッキ加飾が印象的で、精悍さとエレガンスが共存した個性的な表情を演出します。展示車にはフロントスポイラーやサイドスカートなど、全面的にエアロパーツを装着できるエアロパーツセットBに加えて、メッキパーツで構成されるクールシャインキットを装着。さらに各種LED電飾パーツも奢られていて、ほの暗い調光のブースで存在感を十二分に発揮していました。

新型ヴォクシーは「Sharp×VALOUR」

 いっぽうヴォクシーのモデリスタ仕様のデザインコンセプトは「Sharp×VALOUR」。バリエーションに富む造形のメッキ加飾によって、低重心で存在感のあるスタンスと上質感を実現していました。ヴォクシーの展示車両もノアと同じく、全面的にドレスアップできるエアロパーツセットBと、メッキパーツで構成するクールシャインキットを装着し、LEDの電飾パーツもプラスされていました。

* * *

 2023年の大阪オートメッセは1年前より大幅に出展数が増え、500台以上のカスタムカーが集結する予定です。モデリスタは新型プリウスのカスタムを中心に新たなスタイルを見せてくれる予定ですので、2月10日~12日のインテックス大阪へ足を運んでみることをお勧めします。

すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS