クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 「風呂」つき「アトレー」に歴代「ハイゼット」大集合! 大阪が育んだ「ダイハツ」の2022年を振り返ろう【OAM 2023】
CUSTOM
share:

「風呂」つき「アトレー」に歴代「ハイゼット」大集合! 大阪が育んだ「ダイハツ」の2022年を振り返ろう【OAM 2023】

投稿日:

TEXT: AMW編集部  PHOTO: AMW編集部

  • 1960年11月に登場した初代ハイゼット

「第26回大阪オートメッセ2023」は2023年2月10日~12日に開催

 1997年から開催されている「大阪オートメッセ」は、クルマとカスタマイズを軸に例年20万人以上の来場者を誇る関西最大級のビッグイベント。2023年もインテックス大阪を舞台に、2月10日(金)~12日(日)の3日間にわたって開催されます。どのようなイベントなのか1年前の会場の雰囲気をご紹介しましょう。今回は、地元・大阪を代表する自動車メーカー、ダイハツの展示ブースを振り返りましょう。

地元のダイハツは遊び心あふれるカスタムを毎年出展

 毎年、予想を大きく超えるようなカスタマイズ車両を大阪オートメッセに出展しているのが、地元・大阪の自動車メーカーであるダイハツです。メーカーなのに、というより、メーカーだからこそ可能なカスタムカーでギャラリーを毎年楽しませてくれているのは、すでにYouTubeなどでもお馴染みのデザイナー、米山知良氏の手腕によるところが大きいのは言わずもがなです。

 2022年のダイハツブースでは、フルモデルチェンジして間もない「アトレー」を元にしたカスタム車両2台が登場しました。「アトレー プレミアムVer.」はパールホワイトとブラックルーフの2トーンで、商用車とは思えない高級感をプラス。そしてルーフテントを備えた「アトレー デッキバン キャンパーVer.」は、デッキバンならではのリアの荷台に住宅用のバスタブを設置して「浴室」とする驚きの発想で目立ちまくっていました。

 さらに、大人気のコンパクトSUV「ロッキー」をベースとしたカスタム車も2台が展示。より都会的なプレミアムさを前面に押し出した「ロッキー プレミアムVer.」と、SUVらしいアクティブさとエコを両立させながら楽しむことをコンセプトとした「ロッキー クロスフィールドVer.」が、カスタムによってクルマの世界観をどこまでも広げられることを印象づけたのでした。

歴代ハイゼット&アトレーが大集合

 ほかにもアトレー&「ハイゼット」が新型になった直後ということで、1960年の初代から11代目までの歴代アトレー&ハイゼットが勢ぞろい。普段は使い倒されてクタクタになってしまうことがほとんどの懐かしい商用モデルたちが、ピカピカの状態で並んでいる姿は感動ものでした。

* * *

 2023年の大阪オートメッセは1年前より大幅に出展数が増え、500台以上のカスタムカーが集結する予定です。もちろんダイハツも出展しますので、今年はブースでどんな世界を展開してくれるのか今から楽しみです。2月10日~12日はインテックス大阪へ足を運んでみることをお勧めします。

すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS