クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 6輪スズキ「キャリイ」は移動する趣味の部屋! ランボルギーニ「アヴェンタドール」のオレンジで「遊ぶクルマ」に
CUSTOM
share:

6輪スズキ「キャリイ」は移動する趣味の部屋! ランボルギーニ「アヴェンタドール」のオレンジで「遊ぶクルマ」に

投稿日:

TEXT: 青木邦敏 PHOTO: 青木邦敏

  • 断熱や空調設備を整えたら、そのまま長期のキャンプができそうだ

「働く」だけでない「遊ぶ」軽トラック

 軽トラックはニッポン独自の規格で、「働くクルマ」として生まれた。荷台に物を積む・運ぶ・降ろす、という基本的な運搬の作業を行なうためのコンパクトな乗り物。そのため、ベース車は小型・低価格で質素な装備・仕様が当然である。

 しかし、そんな軽トラックが近年注目され、芸能人もこぞってリメイクカーを作り、その製作過程を楽しむようになったことから市場が大きく変わっているようだ。他人とは違った愛車に仕上げたい、仕事だけでなく趣味にも使いたいといったユーザーが増え、今や軽トラックは「働くクルマ」から「遊びを楽しむクルマ」へと進化を遂げたのである。

趣味の部屋が移動できたら……

 東京オートサロン2023にもユニークな発想でカスタムされた軽トラックが数多く登場した。その中でもとくに注目を集めた1台が、荷台に多趣味な男の隠れ家となる部屋を載せたスズキDA63T「キャリイ」だった。

 誰もが憧れる趣味だけ部屋、それが移動式で楽しめたら面白い! そうしたコンセプトで製作したのが、福島県にある国際情報工科自動車大学校に通う生徒たち8名が手がけた軽トラック「キャリイ」ベースの「ムーヴガレージスタイル」だ。

 そもそも軽トラックの荷台はとても狭い。箱型のボックススタイルにするにしても標準寸法のままではガレージ感を出すことが難しい。そこで考えたのが荷台を延長させ、重量が増すであろう車体をしっかり支えるために6輪仕様の軽トラックを作ってしまう計画だった。

 世にカスタム軽トラは数あれど、6輪タイヤの軽トラが放つインパクトはやはり別格で圧巻の一言。大胆なカスタムと技術について生徒に聞いてみた。

「ベース車両のスズキ・キャリイトラックを延長させるストレッチスタイルを作り出すため、リアフレームを50cm延長しました。そして、その延長分だけ荷台を載せる骨格を作り出しました。そして、新たに追加する2輪は、延長したフレームにキャリー用のホーシングを二軸加工で取り付けて6輪化を実現しました。車体の加工を終えたところで、専用のボックスを鉄板で製作し、その中を乗り物好きの趣味の空間となる作り込みを施しました。ギターやバイク、クルマの部品などを置いてアソビ心を表現しています」と話してくれた。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS