クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 突然現れた「ストラトス ゼロ」に乗り込めた! カロッツェリア・ベルトーネ表敬訪問【クルマ昔噺】
CLASSIC
share:

突然現れた「ストラトス ゼロ」に乗り込めた! カロッツェリア・ベルトーネ表敬訪問【クルマ昔噺】

投稿日:

TEXT: 中村孝仁(NAKAMURA Takahito)  PHOTO: 中村孝仁

ベルトーネを表敬訪問するとまさかの出来事が……!

モータージャーナリストの中村孝仁氏が綴る昔話を今に伝える連載がスタート。第3回目はカロッツェリア・ベルトーネを訪問したときに見かけた、ランチア「ストラトス ゼロ」との出会いを振り返ってもらいました。

おびただしい数のベルトーネ作品を並べて歓迎

カロッツェリア・ベルトーネを訪れたことがある。1985年のことだ。当時まだ御大のヌッチオ・ベルトーネも健在で、なんとツーショットの写真も撮らせていただいた。ことの発端はその年のジュネーブショーでボルボが同社のフラッグシップカー「780」を発表し、その取材と試乗を兼ねてボルボがジャーナリストを連れていってくれたのだ。

そんなわけだからまずはジュネーブショーでその発表に立ち会い、その足でイタリアのトリノに。そこでデザインをしたベルトーネを表敬訪問したというわけだ。

ベルトーネの工房はオートモビリアという出版社が紹介したベルトーネの本に出ていたから知っていた。まさにその場所におびただしい数のベルトーネ作品を並べてわれわれを歓迎してくれたのだ。前述したように780のデザインはベルトーネが担当した。ボルボではそれ以前にも「262クーペ」を手がけたことがあって、両社は再び手を結んだということになるのだが、言ってみればベルトーネにとってボルボは優良な顧客だったということだろう。だからこのような歓迎をしてくれたわけである。

少なくとも写真でしか見たことのなかった綺羅星のコンセプトカーが目の前にあった。なかでも個人的に大好きだったランボルギーニ「マルツァル」にお目にかかれた。他にもブラボー、「ストラトス ゼロ」など、本当にズラリで唖然とする光景である。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS