クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 「ボンドカー」の自爆スイッチもそのまま! アストンマーティン「V8 リビング デイライツ」が2億円オーバーで売出中です
CLASSIC
share:

「ボンドカー」の自爆スイッチもそのまま! アストンマーティン「V8 リビング デイライツ」が2億円オーバーで売出中です

投稿日:

TEXT: 山崎元裕(YAMAZAKI Motohiro)  PHOTO: 2023 Courtesy of RM Sotheby's

リア・ロケット・ブースターは炎を噴射する

2023年8月17日~19日、RMサザビーズがアメリカ・モントレーで開催したオークションにおいてアストンマーティン「V8 リビング デイライツ」が出品された。今回はいくらで落札されたのか、同車について振り返りながらお伝えしよう。

イーオン・プロダクションズの中では、「カーナンバー10」と呼ばれている

映画ファン、とりわけ『007』シリーズのファンならば、誰もが一度は憧れるのが、さまざまなガジェット(目新しい道具や面白い小物)を装備した「ボンドカー」だろう。今回RMサザビーズのモントレー・オークションに出品された、1973年式のアストンマーティン V8サルーンもその一例だ。

このモデルは1987年に公開された『007』シリーズの第15作、『007/リビング・デイライツ』にボンドカーとして使用されたもので、ボンド役のティモシー・ダルトンにとっては、この作品が記念すべき第1作となった。

実際に、『007/リビング・デイライツ』で使用されたボンドカーは4台。ほかの3台は現在も大切に長期保存されており、オークション市場に姿を現す可能性は低い。撮影にはほかに7台のグラスファイバー製の小道具も使用されたというが、それらはすべて撮影の中で破壊され、現在残るのは前でも触れたとおり4台のV8サルーンのみ。製作を担当したイーオン・プロダクションズの中では、「カーナンバー10」と呼ばれていたのが、この出品車である。

アストンマーティン「V8 リビング・デイライツ」

この映画の中でとくに印象的なのは、オーストリアで撮影された(舞台はソビエト連邦という設定だったが)、凍った湖までをも走る山岳チェイスのシーン。これは1964年公開の『007/ゴールドフィンガー』でのチェイスに対する明らかなオマージュだが、アストマーティンV8サルーンに搭載されるガジェットは、もちろん最新のものにアップデートされていた。

クルマの側面から現れるスキーや後部のロケットブースターなどはその一例。その製作期間が1年半にも及ぶため、アストンマーティンはイーオン・プロダクションズに新車での撮影車両の供給ができず、製作チームは中古車市場でベース車を調達し改造を施した。

12

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS