クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 彼女が11年乗った「500」を手放し、アバルト「595コンペティツィオーネ」に乗り替えた理由とは?「またOZのホイールに履き替えたいんです」
CAR
share:

彼女が11年乗った「500」を手放し、アバルト「595コンペティツィオーネ」に乗り替えた理由とは?「またOZのホイールに履き替えたいんです」

投稿日:

TEXT: 近藤浩之(KONDO Hiroyuki)  PHOTO: 近藤浩之

  • オーナーの後藤恵さんと2018年式アバルト「595コンペティツィオーネ」
  • 2人で乗ることが多く、意外に荷物は積めるのだとか
  • 現在はノーマル仕様だが、以前の500にはOZのホイールを装着していたとか
  • ミラーカバーの装着も考えているそうだ
  • 595コンペティツィオーネの迫力あるサウンドが好きだとのこと
  • 595コンペティツィオーネのインテリア
  • 助手席にはチャイルドシートが。後席の間にストライダーを積んできたという
  • 595コンペティツィオーネの前はフィアット500に乗っていたという後藤恵さん
  • 前の500は可愛い感じで、コンペはカッコいいイメージだという
  • 「レースも好きなので、レーシングカー見てカッコいいいなって思ったりします」と話すオーナーの後藤恵さん

11年間500に乗った後に乗り換え

「フィアットピクニック」が2023年10月28日にボートレース浜名湖で開催されました。過去最高の約1400台、2500人ものフィアットオーナーが参加し、新旧フィアットが大集合。ここでは、“後藤恵さん”の2018年式フィアット・アバルト595コンペティツィオーネを紹介します。

ディアロジックがすごい好きなんです

2台目の500として、2018年式アバルト「595コンペティツィオーネ」を購入したという後藤恵さん。フィアット「500」発売されたばかりの2008年、家の近所のディーラーに見に行ったところ気に入り、白い500を購入。11年間そのクルマに乗った後、ディーラーで見つけた595コンペティツィオーネを購入したのが2019年のことだったという。

「その500はOZのホイール入れたり、デカール貼ったりしていて手放したくなかったんです。でもさすがにもう年数も乗っていたんで、泣く泣くでしたね。それでディーラーに行ったら、1年落ちのコンペがあると勧められて。前からアバルトには憧れていたので、そのコンペに決めました」

500から595コンペティツィオーネに乗り換えた後藤さんだが、あえて別の車種に行くという選択肢はなかったのだろうか?

「違うクルマは全然考えなかったです。慣れてて運転もしやすくて、私AT免許でディアロジックがすごい好きなんです。最初は全然できなかったんですけど、自分でシフトでギアを変えられるのが一回慣れると楽しくて。そういうところもすごい好きで、乗り換えるのも500あたりにしようと思っていたんです」

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS