クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 発売間近のホンダ「WR-V」が早くもタフに大変身! あえてインチダウンした足元が最高にカッコいい!
CUSTOM
share:

発売間近のホンダ「WR-V」が早くもタフに大変身! あえてインチダウンした足元が最高にカッコいい!

投稿日:

TEXT: 小鮒康一(KOBUNA Koichi)  PHOTO: AMW

  • ホンダ WR-Vフィールドエクスプローラコンセプト
  • パッケージオプションとして用意されている「タフスタイル」のアイテムをベースにスペシャルなカスタマイズもプラスしたもの
  • フロントグリルはコンセプトモデル専用の「HONDA」ロゴと3連マーカーが備わる特徴的なものが装着されている
  • LEDフォグライトガーニッシュも備わる
  • 2インチダウンとなる15インチのアルミホイールを装着し、肉厚なオフロードタイヤを合わせることでワイルドさを与えている
  • 2インチダウンとなる15インチのアルミホイールを装着し、肉厚なオフロードタイヤを合わせることでワイルドさを与えている
  • 通常はメッキとなるフェンダーガーニッシュもブラック塗装
  • ドアミラーもブラックでラッピング
  • SUVらしさを強調してくれるルーフバスケット
  • SUVらしさを強調してくれるルーフバスケット
  • パッケージオプションとして用意されている「タフスタイル」のアイテムをベースにスペシャルなカスタマイズもプラス
  • サイドガーニッシュもブラック塗装
  • リアのロアーガーニッシュもブラック塗装
  • リアのナンバープレート周りもブラック
  • リアのナンバープレート周りもブラック
  • テールゲートスポイラーもブラック
  • リアのロアーガーニッシュもブラック
  • エキパイフィニッシャーもブラック塗装
  • アルミホイールはフリード用に用意されている純正オプション品をブラックに塗装した上で装着
  • ホンダ WR-Vフィールドエクスプローラコンセプト

ホンダ WR-Vフィールドエクスプローラコンセプト

2024年2月10~12日にインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ(OAM)2024」。ホンダブースでは、2024年春に発売予定の新型クロスオーバーSUV、「WR-V」のカスタムコンセプトカーが早くも登場。まだディーラーでの展示もほとんどされておらず、実車をいち早くチェックできる機会ということで、すでに注文を入れて納車待ちの人から購入を検討している人まで、多くの来場者が熱視線を送っていました。

レッドとブラックで精悍なイメージをプラス

今回展示されたWR-Vは、フィールドエクスプローラコンセプトと銘打ち、パッケージオプションとして用意されている「タフスタイル」のアイテムをベースにスペシャルなカスタマイズもプラスしたもの。

従来のタフスタイルに備わるフロント/サイド/リアのロアーガーニッシュやフォグライトガーニッシュ、エキパイフィニッシャーをブラック塗装にて装着したほか、通常はメッキとなるフェンダーガーニッシュやリアのナンバープレート周りもブラックとすることで、レッド/ブラックの精悍なイメージをプラスしている。

さらにフロントグリルはコンセプトモデル専用の「HONDA」ロゴと3連マーカーが備わる特徴的なものが装着されている。このグリルは現時点で販売の予定はないものの、反響次第で市販化も視野に入れているそうで、生産性や先進安全装備のセンサー類への対策も考慮した形状になっているとのこと。

15インチホイールに肉厚オフロードタイヤを組み合わせる

また足元は純正が17インチ(Xグレードを除く)のアルミホイールであるのに対し、コンセプトモデルでは2インチダウンとなる15インチのアルミホイールを装着。肉厚なオフロードタイヤを合わせることでワイルドさを与えることに成功している点にも注目したい。

このアルミホイールはフリード用に用意されている純正オプション品をブラックに塗装したうえで装着しているが、キャリパーとの干渉を避けるために3mmのスペーサーを装着している。195/80R15という純正よりも大径になるタイヤサイズも、フルバンプ時にインナーフェンダーなどに干渉する可能性もあるため、あくまでショー用の演出の域を出ないものとはなっている。だが、アップサスを組み込むカスタムを目論んでいる未来のオーナーからしてみれば、参考になること請け合いの変更点と言えるだろう。

そしてSUVらしさを強調してくれるルーフバスケットも、現時点ではWR-Vのオプションカタログにはラインアップされていない。しかし、今後ホンダ純正用品ではないがディーラーで購入できるオススメ用品シリーズの「A-Collect」のラインアップのひとつとして加わる可能性が高いとのことなので、こちらも期待して待ちたいところだ。

すべて表示

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS