クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • LIFE
  • 首都高・高速で大地震が発生! 通行止めは震度いくつから? ドライバーが命を守るために取るべき行動をお教えします
LIFE
share:

首都高・高速で大地震が発生! 通行止めは震度いくつから? ドライバーが命を守るために取るべき行動をお教えします

投稿日:

TEXT: 藤田竜太(FUJITA Ryuta)  PHOTO: AMW/写真AC

  • 高速道路では計測震度4.5(震度5弱に相当)以上で通行止めとなり、道路の点検が行われる
  • トンネル坑口付近では、震度によっては崩落の危険があるので、極力その場所をさけて停車するのが重要
  • やむを得ずクルマを離れるときは、エンジンを切って、パーキングブレーキをかける
  • 車検証や貴重品は必ず持ち出す
  • できれば乗用車でも自主的に消火器を備えておくのがベターだ
  • 揺れを感じたら、ゆっくりと減速し、慌てずに左側路肩に停車して、エンジンを止めること
  • 高速道路では、全体の災害状況を道路情報板やハイウェイラジオなどの拡声放送によって情報を提供することになっている
  • 首都高の管内で大地震(震度5強以上)が発生すると、首都高の入口は閉鎖され通行止めになる

運転中に地震が起きたら

2024年は元旦から能登半島での大地震のニュースが流れて、改めて日本列島は地震大国であることを再認識させられました。令和6年能登半島地震の被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。今回は、首都高速道路や高速道路を走行中、もしも地震に見舞われたらどうすればいいのかを確認します。

首都高速道路の場合

首都高の管内で大地震(震度5強以上)が発生すると、首都高の入口は閉鎖され通行止めになる。その後、首都高速道路株式会社では、安全確認のため直ちに緊急点検を実施することになっていて、緊急点検には3時間程度かかるといわれている……。

そして、すでに首都高速道路上を走っていたドライバーは、次のように行動すること。

1 走行中に揺れを感じたら、急ブレーキをかけないでゆっくり減速して停車。
2 停車するときは、左側(左側に駐車できないときは右側)にクルマを寄せ、警察、消防等の車両が通行できるよう中央部を空けておく。
3 ラジオやスマホを使って、地震や災害の状況、道路交通情報をチェック。
4 パトロールカー等が広報しながら巡回するまでそのまま待機し、その指示に従う。(二次災害防止のため、自分の判断でむやみに行動するのは厳禁)

そして、クルマによる高速道路上からの避難が困難または危険な状態となった場合、パトロール隊など係員の指示に従い、クルマを置いたまま徒歩で避難。その際、下記の対応を忘れずに。

・キーは車内に置いたままにする
・窓ガラスはしっかり閉める
・車検証や貴重品は必ず持ち出す
・連絡先を書いたメモを残す
・ドアはロックしない

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS