クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 「織り目がない!?」AKNドライカーボンとは? アバルト「595」の注目カスタムパーツを3つ紹介します
CUSTOM
share:

「織り目がない!?」AKNドライカーボンとは? アバルト「595」の注目カスタムパーツを3つ紹介します

投稿日:

TEXT: 近藤浩之(KONDO Hiroyuki)  PHOTO: 近藤浩之(KONDO Hiroyuki)

  • アバルトカスタマイズフェアでのHKSブース
  • 定評のあるVIITSサスペンションはブースに実物を展示
  • VIITS ECUは16万5000円~(消費税込、ECU現地書換えイベント限定販売品)
  • ボディキットも資料のみだが、アナウンスされていた
  • アバルトカスタマイズフェアでのアッソ・インターナショナルのブース
  • アッソ・インターナショナルのブースでは多数のカーボンパーツを展示
  • カーボンの織り目がない、AKNドライカーボンも用意されている
  • ブレーキローターなども展示されていた
  • アルバート リックのアバルト595デモカー
  • 新たに設定されたワイドビュー・ミラーレンズのクロームバージョン
  • ブルーとクロームのワイドビュー・ドアミラーレンズも用意されている
  • BMC OTAと、A PITオートバックスのオリジナルとなるリターンパイプ(赤い部分)の組み合わせをイベント価格で提供
  • 定評のあるVIITSサスペンションはブースに実物を展示
  • アッソ・インターナショナルのデモカー。サスペンション体験試乗会も行われた

A PITオートバックス東雲「アバルトカスタマイズフェア」から各ブースのオススメ商品を紹介

2024年3月2日~3日にA PITオートバックス東雲で開催された「アバルトカスタマイズフェア」には、アバルト「595/695」用のパーツやアイテムを扱うブランドが数多く出展しました。AMWでは各ブースの新製品やオススメアイテムを取材し、数回に分けてご紹介。今回はHKS、アッソ・インターナショナル、アルバート リックのブースです。

HKSのVIITSラインナップはこれからさらに新作登場予定

今回のフェアではスケジュールの関係で残念ながらデモカーの展示はなかったが、「HKS」ブースでは欧州車用に展開するVIITSブランドからリリースされている「VIITS ECU 595/695」(16万5000円~/消費税込)が、現地書換えイベント限定販売された。アバルト595/695のECUにHKSのチューニングデータの書き換えを行う「VIITS ECU」。こちらはSPORTSモードのみ出力がアップとなる。

同製品のフェーズ2となる「EL002」ではブーストアップ、フェーズ2.1となる「EL003」ではブーストアップに加えレブリミットが6500から6900rpmに変更されているという。加えてこの日は資料のみながら、2月末にリリースされたボディキットもアナウンスされていた。

これまでもVIITSサスペンションなどアバルト用のパーツを積極的にリリースしてきたHKSだが、今後もタービン、インタークーラー、オイルクーラーなどのリリースも視野に入れられているようなので期待して待つことにしよう。

 

3種類のカーボンパーツを使いこなして愛車をコーデ!

アバルト用のパーツを多数リリースしている「アッソ・インターナショナル」。今回のフェアでメインとなっていたのは、インテリア&エクステリアのドライカーボンパーツ。これは発売から年数も経ち、中古車を手に入れるオーナーも多くなっていることから、劣化していることも多い樹脂パーツなどのリファインを提案するためだそうだ。

これらのパーツは3Dスキャナーを用いて計測し製造型が作製されているため、可能な限り純正部分を覆い被せるフィッティングの良さがポイントで、DIYでも取り付けが可能となっている。

用意されるドライカーボンパーツはエアコンの操作カバーから、フロントエンブレム、ドアハンドルなど多岐に渡っているが、面白いのがパーツによって3種類のカーボンが設定されていること。艶のあるものとマットなもの、そしてAKNドライカーボンとよばれるカーボンの織り目がなくツルっとした表面の仕上がりになっているものだ。好みによって使い分けられるので、オーナーの個性も発揮できるようになっている。

その他、スリットやビッグローターなどさまざまなタイプが用意されているブレーキローターも展示。これらも数多くの種類をラインアップしているのは、チューニングに加えオーナーにクルマのリファインを提案するという意味も含まれているのだ。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS