クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • なぜジープからランドローバー新型「ディフェンダー」へ乗り換えた? ホイールやマフラーなど徐々にカスタムを楽しんでいます
CAR
share:

なぜジープからランドローバー新型「ディフェンダー」へ乗り換えた? ホイールやマフラーなど徐々にカスタムを楽しんでいます

投稿日:

TEXT: 勝村大輔(KATSUMURA Daisuke)  PHOTO: 勝村大輔(KATSUMURA Daisuke)

  • ランドローバー ディフェンダー110:オーナーの“オーティ”さんは、2022年にこのディフェンダーに乗り換えた
  • ランドローバー ディフェンダー110:ホワイトボディとは対照的にブラックで統一されたインテリア
  • ランドローバー ディフェンダー110:オーナーの“オーティ”さんは実物を見て購入を決めたという
  • ランドローバー ディフェンダー110:ボンネット上の縞板は旧型からの伝統
  • ランドローバー ディフェンダー110:サイドインテークにはDEFENDERのロゴが入る
  • ランドローバー ディフェンダー110:初代へのオマージュでもあるアルパインライト
  • ランドローバー ディフェンダー110:室内側から見たアルパインライト
  • ランドローバー ディフェンダー110:テールランプの配置も旧型の伝統を引き継いでいる
  • ランドローバー ディフェンダー110:マフラー本体をブラックアウトしたうえで、社外のマフラーカッターを装着
  • ランドローバー ディフェンダー110:22インチの社外ホイールに交換済み
  • ランドローバー ディフェンダー110:洗練されたデザインのキャビン
  • ランドローバー ディフェンダー110と、オーナーの“オーティ”さん

新旧ディフェンダーが集まるイベントで少数派の新型オーナーに直撃

個性的な車両が多く集まるランドローバー「ディフェンダー」の集会で、新型「ディフェンダー110」のオーナーのひとりに愛車について話を伺ってみました。以前はジープ「グランドチェロキー」に10年ほど乗っていたというオーナーの“オーティ”さんですが、なぜ乗り換えを決意したのでしょうか。

ディテールを新旧で見比べてディフェンダーの奥深さに触れる

2024年4月20日に埼玉県のサイボク内特設会場で開催された「Defender Collection Owners Meeting」の会場には、約50台の新旧ランドローバー「ディフェンダー」が集結した。そんな中で気になったのが、足まわりをカスタムした新型の「ディフェンダー110」だ。

過去のディフェンダーは90、110、130インチの3種類のホイールベースがあり、それぞれにステーションワゴンやピックアップといったボディバリエーションが存在した。新型ディフェンダーもこの名残で、ボディサイズに合わせて、90、110、130のモデルがリリースされている。今回紹介するのは、“オーティ”さんが乗るミドルレングスの110だ。

ちなみに新型ディフェンダーでは90、110、130はあくまで車両の名称に過ぎず、それぞれのホイールベースは、それぞれ約102インチ、約119インチ、約119インチでホイールベースの値とは関係がなく、110と130の違いはリアのオーバーハングの長さのみとなる。

実物を見て「カッコいい!」と購入を決意

オーティさんは以前はジープ「グランドチェロキー」に10年乗っていて、2022年にこのディフェンダー110に乗り換えたそうだ。

「ディフェンダーが新型になるってネットニュースで見たんですが、写真を見たときは自分の中でもパッとしなかったんです。でもその後、実物を見る機会があって、“写真で見るよりカッコイイ!”と乗り換えを考えるようになりました」

こうして新型ディフェンダー110のオーナーになった“オーティ”さん。現在は22インチの社外ホイールに交換するなど、カスタムを徐々に楽しんでいる段階だ。そのほか、後ろから見た際にシルバーのサイレンサーが目立つのが気になったため、マフラー本体をブラックアウトしたうえで、社外のマフラーカッターを装着。これによってリアビューはグッと引き締まったそうだ。

ディフェンダーの歴史をよりよく知る機会

今回このイベントに参加した理由について聞いてみた。

「新型ディフェンダーってまだまだイベントが少ないんですよね。このイベントはSNSで知ったんですが、新旧どちらも集まるってことだったんで、参加してみました。じつはこれまであまり詳しくなかったんですが、今回参加して、新旧モデルを間近で見ながら比較してみると、新型ディフェンダーのディテールには旧型ディフェンダーにルーツがある部分がたくさんあることが分かりました。ボンネット上の縞板や天窓などは知ってましたが、じつは後ろから見た際のボディのシルエットとかテールランプの配置なんかもそっくりなんですよね」

これまで旧型ディフェンダーを詳しく知らなかったオーティさんにとって、このイベントがディフェンダーの歴史をよりよく知るためのいいきっかけとなったというわけだ。

すべて表示

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS