クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • 斎藤 聡
  • 斎藤 聡
著者一覧 >

「GR86」&「BRZ」がHKS製スーパチャージャーで316馬力に! 専用サブコン登場で真価を発揮したパワーフィールとは?〈PR〉

HKSは現行型トヨタ「GR86」&スバル「BRZ」用の遠心式スーパーチャージャーキットを2022年11月に発売。さらに2023年4月、専用のサブコントロールシステムを投入してそのポテンシャルを存分に発揮できるようにしました。BRZデモカーに試乗してレポートします。
911カレラGTSの7色仕様

7色のポルシェ「911カレラGTS」には意味があった! タイでは曜日によってカラーが決まっていました

2023年3月22日〜4月2日にタイで開催されたバンコクモーターショー。ポルシェブースには個性的な911カレラGTSが展示されていました。7色で彩られていましたが、その色にはすべて意味があったのです。タイならではの911の秘密に迫ります。

タイで中国EVメーカーの進出が急加速中! なぜなのか「バンコクモーターショー」会場から解説します

2023年3月22日~4月2日にタイで開催された「バンコク・インターナショナル・モーターショー」は12日間で162万人が来場する大盛況。出展メーカーも40社を数えるうち、中国のEVメーカーが4社も進出していたのが目立ちました。その理由と背景を解説します。
サーキットを攻めるR35

日産「GT-R」がデビュー当時からランフラットを採用した理由とは? なぜサーキット走行には向いていないかを解説します

パンクしてしまっても、最寄りのカー用品店や自動車ディーラーまで安全な速度で走行できるのがランフラットタイヤです。BMWなど欧州車で採用され、国産車にも標準装着モデルは存在します。しかし、サーキット走行には向かない傾向にあります。なぜなのでしょうか?
スカイライン400Rのエンブレム

NISMOがイジると400Rに魔法がかかる! パワーもトルクも変わらないのに激変した走りとは

V6ツインターボのVR30DETTを搭載し最高出力405ps、最大トルク48.4kg-mを誇るスカイライン400R。このモンスターマシンにNISMOチューンを施したデモカーを試乗した。パワー&トルクはそのままに乗り味を高めた秀逸なNISMOチューンを味わった。

ドアをがっちり閉めるだけのパーツ! GR86用も登場した「ドアスタビライザー」はホントに効果があるのか試した

ドレスアップパーツとは一線を画し、純粋にクルマの性能をよくする機能性パーツがいま注目を集めています。今回紹介するTRDの「ドアスタビライザー」は簡単に装着できるのにはっきり効果が体感できると評判の補強パーツ。拡大展開されGR86用が登場しました。
フォレスターのスノードライブ

雪道でもグイグイ加速する4WDが生む勘違い! 事故を招く落とし穴とは

悪路走破性が高い4WDは雪上でも抜群のトラクション性能を発揮する。しかし、そこに過信が生まれてついつい速度が高くなりがち。雪上では通常路面と比べて、速度が上がることで制動距離は1.4倍も伸びてしまう。そこでスノードライブで失敗しない運転を伝授しよう。
GR86とBRZの走り

ノーマル派は要注意! 兄弟車といいながら全然違う「GR86」と「BRZ」の走りをプロが解説

2021年待望のGR86とBRZが発売された。スバル群馬製作所本工場で生産されるGR86とBRZだが、車両開発はそれぞれに異なるセッティングが施される。走らせると似て非なるクルマであることがわかる、その明確な違いをプロドライバーがインプレッションした。
share:

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

ranking

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS