クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • ワークスチーム
  • 三菱はランエボだけじゃない! 本気すぎるコルト「ラリーアート・バージョンR」が与えた衝撃
ワークスチーム
share:

三菱はランエボだけじゃない! 本気すぎるコルト「ラリーアート・バージョンR」が与えた衝撃

投稿日:

TEXT: 遠藤正賢  PHOTO: 三菱、Auto Messe Web編集部

スポット溶接を打ち増しし操縦安定性を向上

 待望の5速MT車、それも高い耐久性を持つゲトラグ社製5速MTとZFザックス社製クラッチを搭載したモデルを設定するとともに、4G15型エンジンは排気系の見直しにより、154ps/6000rpm&210Nm/3500rpm(CVT車は180Nm/2500rpm)にまで性能アップした。排気系の見直した4G15型エンジンは10馬力アップした

 足元には横浜ゴム社製の205/45R16 83Wハイグリップタイヤ、と7本スポークの16インチアルミホイール、欧州専用ターボモデルと同サイズのフロント15インチ&リヤ14インチディスクブレーキ、高摩擦材ブレーキパッド、専用チューニングのサスペンションを装着し、ステアリングのギヤ比もクイック化。ブレーキアシスト付きABSやEBD、5速MT車にはさらにASC(アクティブスタビリティコントロール)も採用している。2006年に発売されたラリーアート・バージョンRはコルト・ラリーあとをベースに走りを極めたモデル

 そしてボディには、従来の約1.5倍にも及ぶ箇所へスポット溶接を増し打ち。さらに前後サスペンションの取付部およびDピラー周辺を重点的に補強することで、ボディのねじり剛性を約30%高め、操縦安定性をより一層向上させた。

 エクステリアも走り本位の設計で、フロントバンパー・グリル・ボンネットとも開口部を拡大・追加してエンジン冷却性能をアップ。タイヤサイズ拡大に合わせて前後にオーバーフェンダーを装着したほか、リヤバンパー下部をディフューザー形状としている。ラリーアートとの変更点は、フロントバンパー・グリル・ボンネットの開口部拡大など

 インテリアも、前席にスポーツシートを標準装備、レカロ社製セミバケットシートをオプション設定し、後席を3名掛けから2名掛けに変更。ランサーエボリューションシリーズと同様のシフトレバー・ケーブルやアルミプレート付きABCペダルを装着したのも、「バージョンR」ならではのポイントだろう。インテアリアはシンプルにまとめられ、アルミプレート付きABCペダルを装着したのも、「バージョンR」のポイント

 そんなコルトラリーアート・バージョンRの走りはまさに「ミニ・ランエボ」と言うべきもの。ごく低い回転域から余りあるトルクを生み出す4G15が5速MT車で1110kgの軽量ボディを力強く加速させ、それを大幅に固められたボディ・シャシーが余裕をもって受け止め、かつソリッドで軽快なハンドリングをドライバーにもたらしてくれる、三菱車らしい痛快な仕上がりだった。コルトラリーアート・バージョンRの走りは「ミニ・ランエボ」という言葉がピッタリだった

1 2 3

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS