サーキット走行後の帰路でハンドルが「震える」症状! 驚くべき原因と対処法とは (1/2ページ)

サーキット走行後の帰路でハンドルが「震える」症状! 驚くべき原因と対処法とは

タイヤとホイールの位置がずれてバランスが崩れる

 タイヤを交換するとき、ホイールにタイヤを組んだあとに必ず“バランス取り”を行う。タイヤもホイールも一見まん丸に見えるが、いずれも微妙なばらつきがあり、黙って組んだだけだと、重量的にアンバランスな部分が出てくる。

 そのままクルマに装着して走り出すと、タイヤは大きく重たい回転物なので、フロントタイヤには「シミー」「フラッター」と呼ばれるハンドルの回転方向に振れる振動があり、リアタイヤには「シェイク」といわれるボディ全体のバイブレーションが生じてくる。

【関連記事】超過酷な「クロスカントリーラリー」に参戦! 静かで速い「アウトランダーPHEV」レース仕様が三菱本社ショールームで展示中

タイヤのバランスが崩れているクルマは走行中にバイブレーションが起きてしまう画像はこちら

 そのアンバランスを解消するために、専用のバランサーを使ってバランスウエイトと取り付けるのが、バランス取りという作業。タイヤを組んだあとに真円を出すためにホイールバランサーで重さを計る様子画像はこちら

 ところが、タイヤとホイールはボルトとナット、あるいは接着剤などで固定されているわけではないので、サーキットでハードなブレーキやフル加速を繰り返していると、タイヤとホイールの位置がずれて、再びアンバランスになってしまうことが少なくない。これがいわゆる「リムずれ」というもの。サーキット走行ではハードブレーキングやGがかかるため、タイヤのリムが少しずつズレてくる画像はこちら

 リムずれが起きると、前記のようにハンドルやボディにバイブレーションが発生し、非常に不愉快なことになるので、ホイールバランスの再調整が必要になる。それをチュックするために、新品のタイヤを組んだら、まずバランスがとれている状態のときのタイヤとホイールの位置関係をチェックしておこう。新品のタイヤを組んだときにエアバルブと軽点に印を付けることでリムずれをしているか判断ができる画像はこちら

走行前にバルブの位置と軽点を確認

 通常タイヤショップでは、サイドウォールの黄色い点=軽点とホイールのバルブの位置を合わせるようにタイヤを組むので、軽点とバルブの位置が合っていれば、それを目安とする。職人系のタイヤプロショップだと、重量バランスより真円度(ユニフォミティ)を優先してタイヤを組むことがあるので、その場合は軽点とバルブの位置が最初からずれている可能性もある。タイヤにある黄色い丸は「軽点」とい呼ばれるものでタイヤ単体の円周上で一番軽い部分となっている画像はこちら

 そうした場合は、組んだ時点でバルブの位置にマーカーで印を付けておこう。そのうえで、スポーツ走行をするときは、走行前にバルブの位置と、軽点もしくは組んだときに付けたマーカーの位置が合っているかを確認。そして走行後にその位置がずれていないかを確認しよう。ずれていなければOKだし、もし大きくずれている場合は、バランスの取り直しが急務になる。リムずれが起きている場合、軽点とエアバルブの位置が変わっている画像はこちら

 このリムずれを防ぐにはどうすればいいのか。

画像ギャラリー